【東京都知事選】小池百合子氏に「散弾銃で殺す」とTwitterで殺害予告 愛知県の40代の男を逮捕

この記事は2分で読めます

2016年7月19日、東京都知事選に出馬している小池百合子氏(64)を「散弾銃で殺す」と、Twitterで殺害予告が投稿されました。

事務所側は20日、警視庁池袋署に被害届を出しました。

 

『小池百合子氏にTwitterで殺害予告「散弾銃で殺す」 40代男を逮捕【都知事選】』・ハフィントンポスト

–<記事引用>–

殺害予告の投稿があったのは19日23時24分。投稿には「明日の朝7時52分、俺は散弾銃で小池百合子をもう殺す」と書かれていた。日刊スポーツによると、殺害予告は小池氏本人が気づいたという。

スポニチによると、犯行予告時間に近い20日午前8時、小池氏はJR新橋駅前で演説したが、不審人物などは現れなかったという。小池氏は演説で、「命懸けです。もともと崖から飛び降りているが、別の理由で本当に命懸けになっている。守ってくれるのは皆さんだ」と語った。

 

小池氏は演説後、日刊スポーツの取材に対し、「びっくりしたし、危ないと思ったが、選挙には不安がつきもの。脅しに屈することなく、注意しながらやっていく」と話した。殺害予告を受けたのは初めてという。

 

【UPDATE】2016/07/21 11:53
警視庁は脅迫容疑で、愛知県に住む40代の男を逮捕した。21日、時事ドットコムなどが報じた。男は容疑を認めているといい、警視庁では責任能力の有無も含めて調べている。

–<ここまで>–

『小池百合子氏「命懸け」散弾銃殺害予告で警備強化』・日刊スポーツ

 

–<記事引用>–

東京都知事選(31日投開票)に立候補している元防衛相の小池百合子氏(64)は20日、都内で街頭演説した際、インターネット上で「殺害予告」を受けたとして、警視庁池袋署に被害届を出したことを明らかにした。

 

書き込みは、19日に小池氏自身がツイッター上で確認した。「明日の朝7時52分、俺は散弾銃で小池百合子をもう殺す」と、記述があったという。20日朝、予告に近い時間帯に、小池氏はJR新橋駅前で演説していたが、不審人物は確認されなかったという。

 

小池氏は、演説で自身に対する殺害予告に触れた後で、「命懸けでございます。もともと(出馬に際して)崖から飛び降りているが、別の理由で本当に命懸けになっている。守ってくれるのは皆さんの1票1票です」と、呼び掛けた。

 

遊説後、報道陣の取材に「殺害うんぬんということまで、普通は書かないと思う。時間まで指定されたので、どうしようと思った」と不安を口にした。 一方で「びっくりしたし、危ないと思ったが、選挙の時は、いろんなことがあるし、不安はつきものだ。脅しに屈することなく、注意しながら駒を進めていきた い」と話した。選挙戦で殺害予告を受けたのは、初めてという。

 

小池氏はこの日、街頭演説を予定通りこなしたが、警備体制が一段と強化された。スタッフに加え、多くの警察官が不審者がいないか目を光らせた。

–<ここまで>–

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

関連記事はこちら

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

ggg1_0
影山一樹
Twitter