【不正献金】報道されない菅直人元首相の北朝鮮支援

この記事は1分で読めます

2011年8月11日の参議院予算委員会にて、自民党・西田昌司議員が『菅直人元首相の資金管理団体「草志会」が「政権交代をめざす市民の会」に巨額献金をしていた問題』について追及しました。

 

「政権交代をめざす市民の会」とは北朝鮮日本人拉致事件容疑者親族の政治団体「市­民の党」から派生した団体で、金額は5000万円になります。

 

しかも、菅元首相は「現金で寄付していた」と答弁しましたが、帳簿上は現金が足りず、存在しない現金を寄付していたことになります。

 

以下の動画で答弁をご覧になれますが、西田議員の質疑に対し、菅元首相は明確な答弁を一切せず、知らず存ぜぬで押し通しています。

(動画は40分程度と長めなのでお時間のある時にご覧ください。)

 

 

また、原発の稼働を停止したことにより、電力供給が不足して死者が出た件についても、明確な回答をしていません。

 

この質疑も産経新聞などの一部メディア以外は一切報道せず、報道したメディアでの取り扱いも小さいですが、これをご覧になっても民主党を支持できますでしょうか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

関連記事はこちら

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

ggg1_0
影山一樹
Twitter