【中国公船】尖閣諸島周辺で13隻の中国船が航行 過去最多

この記事は3分で読めます

2016年8月7日の午後、日本が領土とみなす尖閣諸島の接続水域を航行する中国公船が過去最多の13隻に増えました。

 

そのうち2隻が午前に続いて再び領海へ入り、日本の外務省は中国に改めて抗議しました。

 

『中国公船13隻が尖閣周辺を航行、過去最多』・ロイター通信

 

–<記事引用>–
5日から尖閣周辺を航行していた中国海警局の船舶は、7日午前に9隻に増加。午後になって13隻まで増えた。午前10時ごろ2隻が領海に侵入し、いったん領海外に出たものの、同日夕方に2隻が再び領海に入った。

 

13隻が同時に尖閣の接続水域を航行するのは初めて。これまでの最高だった2012年9月18日の12隻を上回った。外国の公船が接続水域を航行するのは国際法上、問題がない。しかし日本政府は、多数の中国公船が活動していることを警戒している。海上保安庁によると、中国船は通常3、4隻が周辺海域を航行している。

 

日本の外務省は7日午後5時ごろ、杉山晋輔事務次官が程永華駐日大使に抗議。「わが国から累次にわたって厳しい抗議を行っているにもかかわらず、中国側が現場の緊張をさらに高める一方的な行動を取っていることは断じて認められない」と訴えた。その上で、領海と接続水域からの退去を求めた。

 

杉山次官は、同日午前にも中国大使に抗議。金杉憲治アジア太平洋局長も、中国大使館の郭燕公使に午前と午後の2回抗議した。

 

午前の領海侵入時には、海上保安庁の巡視船が警告すると、中国の海警船から「中国の管轄海域で定例のパトロールをしている。貴船はわが国の管轄海域に侵入した。わが国の法律を守ってください」との応答があった。

 

尖閣諸島をめぐっては、日本側は領土問題は存在しないとの立場を取る一方、中国側は領有権を主張している。

 

これとは別に日本政府は6日、東シナ海のガス田開発の地点で、中国が建設した16基の構造物の1基にレーダーが設置されていることを初めて確認した。外務省は中国側に抗議した。
–<ここまで>–

 

菅官房長官は、閣議のあとの記者会見で、中国側に対して事態をエスカレートさせないよう強く求めるとともに、政府として毅然かつ冷静に対応する考えを示しました。

 

『尖閣沖の中国船 官房長官「きぜんかつ冷静に対処」』・NHK NEWS WEB

–<記事引用>–

沖縄県の尖閣諸島周辺の海域では今月5日、中国海警局の船が漁船に続いて領海に侵入したほか、6日から7日にかけて、海警局の船が領海や接続水域を航行し、その周辺に中国の多数の漁船が航行しているのが確認されるなど、中国側の活動が活発化しています。

これについて、菅官房長官は、閣議のあとの記者会見で、「現場では、海上保安庁が態勢を増強して対応している。本日、午前10時現在、中国公船12隻が尖閣諸島周辺の接続水域内を、航行または漂泊している」と述べました。
そのうえで、菅官房長官は、安倍総理大臣から、関係省庁が連携し、国際法および国内法令にのっとって冷静かつきぜんと対応すること、アメリカをはじめとする 関係諸国と緊密に連携すること、さらに、国民や国際社会に対し、的確な情報提供を行うよう指示があったことを明らかにしました。

そして、菅官房長官は、「引き続き、中国側に対して、事態をエスカレートさせないよう強く求めていくとともに、海上保安庁をはじめとする関係省庁が緊密に連携し、きぜんと、そして冷静に対処していく」と述べました。

防衛相「警戒監視や情報収集に万全」

稲田防衛大臣は閣議のあとの記者会見で、「防衛省としては、海上保安庁に情報提供するなど連携して対応している。中国側がいたずらに事態をエスカレートさせ ることがないよう冷静な対応を継続し、尖閣諸島を含むわが国固有の領土、領海、領空を断固として守り抜くため、警戒監視や情報収集に万全を期していく」と述べました。

また稲田大臣は、東シナ海のガス田開発をめぐり、中国が一方的に建設した構造物にレーダー設備が設置されていることが初めて確認されたことについて、「東シナ海のガス田周辺を含むわが国周辺における警戒監視活動に万全を期していく」と述べました。

–<ここまで>–

また、安倍首相から関係諸国と連携して対応する旨の総理指示が出ています。

 

『総理指示(中国公船等の尖閣水域接近事案について)』・首相官邸

 

–<HP引用>–

中国公船等の尖閣水域接近事案について

 

総理指示(6日13:48)

  • 関係省庁が連携し、国際法及び国内法令に則って、冷静かつ毅然と対応すること
  • 米国を始めとする関係諸国と緊密に連携すること
  • 国民や国際社会に対し、的確な情報提供を行うこと

–<ここまで>–

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

関連記事はこちら

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

ggg1_0
影山一樹
Twitter