【中国公船領海侵入】海上保安庁が尖閣諸島周辺での中国船の活動状況を公開

この記事は2分で読めます

連日尖閣諸島周辺海域に領海侵入している中国船に対し、海上保安庁は警戒を強めています。

 

2016年8月9日、海上保安庁はHPで中国船の活動に関する資料を公開し、その状況や今後の対応について記載しています。

 

『尖閣諸島周辺海域における中国公船及び中国漁船の活動状況について』・海上保安庁

 

–<資料抜粋>–
事案の概要

(1)平成28年8月5日午後1時30分頃、中国漁船に続いて、中国公船(中国政府に所属する船舶)1隻が尖閣諸島周辺領海に侵入した。その後、8日午後6時までに、最大15隻の中国公船が同時に接続水域に入域、延べ17隻が領海に侵入した。

 

約200~300隻の漁船が尖閣諸島周辺の接続水域で操業するなかで、最大15隻という多数の中国公船も同じ海域に集結し、中国漁船に続いて領海侵入を繰り返すといった事象が確認されたのは今回が初めてである。
なお、尖閣諸島周辺の接続水域に通常展開している中国公船(3隻程度)及び南シナ海のスカボロー礁周辺に通常展開している中国公船(4~5隻と言われる)に比しても、現在尖閣諸島周辺には、はるかに多くの中国公船が
展開している。

 

(2)中国公船及び中国漁船による領海侵入等の状況は下図のとおり。
(平成28年8月8日午後6時現在)

 

中国公船(領海侵入隻数)/中国漁船(退去警告隻数)
8月5日 3隻/7隻
8月6日 なし/1隻
8月7日 11隻/15隻
8月8日 3隻/20隻
※上記隻数は延べ隻数
~~

 

(4)事態をエスカレートさせるこうした中国側の行動は我が国として全く容認できるものではなく、現場において我が国領海内に侵入しないよう警告し、領海侵入が発生した際には、その都度現場において退去要求等を行い、冷静かつ毅然と対処するとともに、外交ルートを通じて中国政府に対して直ちに厳重に抗議し、即時の退去及び再発防止を強く求めている。

中国政府への主な抗議

<日本側の主張のポイント>

 

◆中国公船の尖閣諸島領海侵入や同海域での活動は我が国主権の侵害であり、断固として認められない。
◆我が国から累次にわたって厳しい抗議を行っているにもかかわらず、中国側が現場の緊張を更に高める一方的な行動をとっていることは断じて受け入れられない。
◆直ちに我が国領海から退去し、また、接続水域から立ち去るよう強く抗議。
<主な抗議の例>

8月5日(金)

【中国公船による領海侵入】
15:05頃/16:30頃 アジア大洋州局参事官→在京大公使参事官
17:10頃 杉山外務事務次官→程永華駐日大使
17:30頃 伊藤在中国大次席公使→欧陽玉靖・外交部辺境海洋事務司長

 

8月6日(土)

【周辺海域に新たに複数の中国公船確認】
11:45頃 金杉アジア大洋州局長→郭燕・在京大公使
13:15頃 横井駐中国大使→孔鉉佑・外交部部長助理
18:00頃 伊藤次席→欧陽玉靖・外交部辺境海洋事務司長
18:15頃 金杉アジア大洋州局長→郭燕・在京大公使

 

8月7日(日)

【周辺海域に新たに複数の中国公船確認】
08:29頃 金杉アジア大洋州局長→郭燕・在京大公使
10:15頃 伊藤次席→欧陽玉靖・外交部辺境海洋事務司長

【中国公船による領海侵入】
11:25頃 杉山外務事務次官→程永華大使
13:25頃 横井大使→孔鉉佑・外交部部長助理
14:00頃 滝崎アジア大洋州局審議官→郭燕・在京大公使
17:00頃 杉山外務事務次官→程永華大使
20:10頃 石兼総合外交政策局長→郭燕・在京大公使
21:20頃 石兼総合外交政策局長→郭燕・在京大公使
22:10頃 横井大使→孔鉉佑・外交部部長助理

【現場の緊張を更に高める中国側の行動】
23:15頃 金杉アジア大洋州局長→郭燕・在京大公使

 

8月8日(月)

【中国公船による領海侵入】
12:45頃 金杉アジア大洋州局長→郭燕・在京大公使
16:00頃 伊藤次席→欧陽玉靖・外交部辺境海洋事務司長
19:30頃 金杉アジア大洋州局長→郭燕・在京大公使
21:10頃 伊藤次席→欧陽玉靖・外交部辺境海洋事務司長

 

8月9日(火)

10:10頃 岸田外務大臣→程永華大使
11:10頃 伊藤次席→欧陽玉靖・外交部辺境海洋事務司長
–<ここまで>–

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

関連記事はこちら

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

ggg1_0
影山一樹
Twitter