【デマ注意】「吉田沙保里を破ったアメリカ人の感動エピソードはデマ」はデマ!? ブログは現在は非公開 Twitterアカウントも削除

この記事は2分で読めます

2016年リオ五輪・女子レスリング53キロ級で金メダルを獲得したアメリカ代表のヘレン・マルーリス選手について、「吉田沙保里を破ったアメリカ人の感動エピソードはデマ」というタイトルの記事が『覚悟のススメ』というブログで公開され拡散されていました。

 

しかし、実際はこの感動エピソードはデマではなく事実であることが判明し、現在はブログ自体が非公開となっています。

 

『「吉田沙保里を破ったアメリカ人の感動エピソードはデマ」はデマ テレビでNHKの実況が紹介していた』・ねとらぼ

 

–<記事引用>–

この「感動エピソード」というのは、ヘレン選手はアテネ五輪のときに吉田選手の優勝する姿を見て憧れを抱き、両親に一時はレスリングを続けることを 反対されながらもここまで上り詰め、あこがれの対象であった吉田選手を破りついに金メダルを獲得したというもの。Twitterを検索すると、このエピ ソードに触れているツイートが多数見受けられます。

 

一方、ブログ記事がこのエピソードをデマであるとした理由は、「ネット上にソースがないから」でした。確かにネット上では、どんなに検索してもこの話は出てきません。

 

しかし、実際はNHKの中継で、両選手の入場のときに実況が取材を元にこのエピソードを紹介していました。さらに、TBSで8月19日13時55分から放送された「ゴゴスマ」内でも紹介されています。

 

ネット上でソースを確認するのは重要ですが、ネット上にはない情報も存在します。簡単にデマであると断定するのは、やめた方がよいでしょう。

–<ここまで>–

 

また、『覚悟のススメ』ブログの管理者のTwitterアカウント@s0banyaも削除されています。

 

なお、該当のブログは非公開になっていますが、アーカイブには保存されており、以下から閲覧できます。

 

『吉田沙保里を破ったアメリカ人の感動エピソードはデマ』・archive.is

 

–<記事抜粋>–

吉田沙保里を倒したアメリカ選手のヘレン・マルーリスが「12歳の時にアテネ五輪で吉田沙保里選手を見て、レスリングをやめさせようとする両親を説得し続けることができた」という話がシェアされまくって感動をよんでいる。

 

【リオ五輪】吉田沙保里を破ったヘレン・マルーリスのエピソードがかっこよすぎる「これはさすがに感動」 #レスリング

 

が、このソースはどこにも見つからない。海外サイトのエピソードにも全く載っていない。確認できるのは、マルーリスが「兄の影響で7歳のときにレスリング を始めたこと」、「親がずっと支えてくれたこと」だ。マルーリスは24歳なので、7歳のときというのは吉田が世界チャンピオンになるはるか前のこと。

 

Who is… Helen Maroulis

 

Wrestler Helen Maroulis says she ‘wouldn’t recommend’ her lifestyle

 

この感動話は@tuscanblue2015による創作だろう。この手のソースを示さない話は大体デマだと思っていい。

 

こんな話を創作してデマを流したり、この手のデマを喜んで信じ拡散してしまう行為は、吉田沙保里、そして日本が負けたことをなるべく美談にすることで自分たちの自尊心を保とうとする哀れな心理が表出しているからだ。

 

世の中、自信のない人間が本当に多いモノだ。裏を返せば、自信のない人間の自尊心をくすぐるデマをつくればビジネスに活かせるってことだ。

 

ちなみにマルーリスが試合後に「吉田と戦えて光栄」と言ったのは事実。「12歳の時にアテネ五輪で吉田沙保里選手を見て〜」というのがデマってことね。

 

あとさっき確認したらデマ発信元の@tuscanblue2015は俺が指摘したあとに当該ツイートを削除していた。

–<ここまで>–

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

関連記事はこちら

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

ggg1_0
影山一樹
Twitter