【台風10号】岩手県・龍泉洞が水没により閉洞 復旧の目途はつかず

この記事は1分で読めます

2016年8月30日の台風10号による大雨の影響で、岩手県岩泉町岩泉にある日本三大鍾乳洞の一つ『龍泉洞』が水没していたことが9月1日にわかりました。

 

入り口から水が滝のようにあふれ出し、近くの本田川に流れ込んでいる状態で復旧の見通しは立っていません。

 

『<台風10号>龍泉洞水没 入り口から水噴出』・河北新報

–<記事引用>–

龍泉洞事務所によると、8月30日の大雨で増水した本田川の水が洞窟内に流れ込んだ。裏手の山の地下水も流入したとみられる。同日は終日閉鎖していたため、けが人はなかった。

 

30日午前には既に入り口から水があふれていた。本田川沿いにある駐車場のコンクリートの一部が剥がれたという。

 

同事務所の菊池美生主事は「洞窟内部に設置されている照明など電気系統が水没し、遊歩道や橋が流されている可能性が高い。岩が削り取られている恐れもあり、被害規模は想像もできない」と話した。

 

龍泉洞は国指定の天然記念物で、美しい地底湖で知られる。過去にも大雨で入り口から水があふれることはあったが、今回はこれまでにない水量だという。

 

隣接するカフェも浸水被害に遭った。

–<ここまで>–

 

龍泉洞は別名『岩泉湧窟』とも呼ばれ、総延長約1,200m、高低差約249mとなっています。

また、日本三大鍾乳洞は他に山口県美祢市の秋芳洞と高知県香美市の龍河洞があります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

関連記事はこちら

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

ggg1_0
影山一樹
Twitter