【帰化問題】民進党・蓮舫代表代行に二重国籍疑惑 記者会見やテレビ番組での発言が支離滅裂!?

この記事は2分で読めます

2016年9月6日、民進党・蓮舫代表代行が台湾籍を除籍した時期を「確認が取れない」として除籍手続きを取りました。

 

つまり、それ以前まで蓮舫氏は「二重国籍」の状態で、党代表選を戦っていた可能性があり、国会議員としての資質が問われています。

 

『蓮舫・民進党代表代行 ぶれる釈明、首相狙う資格にも疑問符、閣僚経験の正当性も問われる』・産経新聞

 

–<記事引用>–

「31年前、17歳で未成年だったので、父と東京で台湾籍の放棄手続きをした。ただ、私は(当局とのやりとりに使った)台湾語が分からない。私は台湾籍放棄の手続きをしたと『父を信じて』今に至る」

 

蓮舫氏は6日、高松市で行った記者会見で、自身の疑惑についてこう釈明した。台湾籍を「放棄した」との認識は、当局とどのような会話を交わしたか分からない父の記憶に頼っていたことを明らかにした。

 

最近の発言もぶれている。蓮舫氏は3日の読売テレビ番組で、台湾籍を「抜いている」と断言し、時期については「18歳で日本人を選んだ」と語っていた。

 

しかし、6日の会見では「17歳」と修正し、「台湾に確認を求めているが、いまなお、確認が取れない。31年前のことなので少し時間がかかる」と発言が後 退した。蓮舫氏をめぐる疑惑は8月以降指摘されていたが、6日になってようやく台湾籍の除籍手続きを行った理由も要領を得ない。

 

政権交代を標榜(ひょうぼう)する野党第一党の民進党代表は、国民の生命に最高責任を持つ首相を目指す立場でもある。その代表選に出馬する際、首相 としての資質に関わる国籍の確認をなおざりにしていたことは、民進党内にも「政治生命にかかわる話。想像以上に深刻でショック」(閣僚経験者)と衝撃を与えている。

 

蓮舫氏は平成16年から参院議員を3期務めており、22年発足の菅直人内閣では行政刷新担当相として入閣した。公職選挙法上、 国会議員の被選挙権に「二重国籍」は影響しないが、国家公務員を指揮する閣僚として、他国籍を持ちながら職務していたならば、資質が批判されるのは必至 だ。

 

代表選で蓮舫氏と争う玉木雄一郎国対副委員長の陣営幹部は「ウソを重ねているように映る蓮舫氏に代表の資格はない」と断言。前原誠司元外相の陣営幹部も「きちんと説明すべきだ」と追及する構えをみせる。

 

蓮舫氏は会見で「日本人であることに誇りを持ち、わが国のために働きたいと3回の(参院)選挙で選ばれた」と語った。だが、なぜ日本国のトップを目指す際に「二重国籍」の有無をきちんと確認しなかったのか。引き続き代表選を戦うならば、さらなる説明責任が求められる。

–<ここまで>–

 

蓮舫氏は「17歳(18歳)で台湾籍放棄の手続きをした」と言っていますが、1997年(当時30歳)に雑誌『CREA』の取材で「自分は台湾籍だ」と答えていることと矛盾しており、選挙公報の「台湾籍から帰化」という記載とも矛盾しています。

 

また、台湾籍から日本籍に帰化するためには「満20歳以上」という条件があり、日本の国籍法第5条1項5号では二重国籍になる場合は帰化できないことになっています。

 

民進党はこの問題について、蓮舫氏に説明責任を果たさせるべきなのではないでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

関連記事はこちら

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

ggg1_0
影山一樹
Twitter