【電通】デジタル広告サービスで2億円以上の過大請求 テレビ局は報道せず

この記事は2分で読めます

2016年9月23日、株式会社電通がインターネット広告の代金を一部の企業に過大に請求していたと発表しました。

 

電通の発表によると、故意や人為的なミスによって広告時期がずれたり、広告が掲出されなかったりしており、運用状況や実績について虚偽の報告をし、実態とは異なる代金を請求していたとのこと。

 

22日までに確認した過大請求額は約2億3000万円に上るといいます。

 

なお、トヨタ自動車などの広告主には報告済みとのことで、トヨタ自動車の広報部は「常日頃から代理店やパートナーなどとの関係を大切にしながらビジネスを行っている。詳細を申し上げる立場にはないが、過去に電通が行ったデジタル取引において問題があったとの報告を受けている。現時点ではそれ以上のコメントは差し控えたい」とのことです。
『電通、2億円過大請求 ネット広告に冷や水も』・日本経済新聞

 

–<記事引用>–

電通は広告主からの問い合わせをきっかけに8月中旬に社内調査チームを発足、実態の把握や原因の解明を進めていた。不適切な業務が確認された案件に ついては広告主に報告しているという。電通では今後も調査を継続し、年内をめどに対処策や再発防止策などをまとめ、広告主や関係諸団体に報告する予定だ。

 

今回、問題が発覚したネット広告は、低迷する広告市場にあって期待の成長市場だ。電通が毎年まとめる「日本の広告費」によると、スマートフォン(スマホ) やタブレット端末などの普及が起爆剤となり、2015年の国内ネット広告費は前年比10.2%増の1兆1594億円だった。市場規模はテレビ(1兆 9323億円)には及ばないが、新聞(5679億円)の2倍以上の規模だ。

日本だけではない。米国のネット広告費は日本よりも大きく伸び ている。米調査会社イーマーケッターの予測では16年の米国でのネット広告費は15年比20.5%増の720億9000万ドル(約7兆2700億円)。同 3.5%増の712億9000万ドルにとどまるテレビ広告を初めて上回る見通しだ。中国では既に14年にネット広告費がテレビを上回っている。

 

市場の成長と歩調を合わせるように、広告技術(アドテクノロジー)も大きく進歩。従来は表示場所を事前に決めておく「枠売り」と呼ばれる広告が主流だった が、現在は「運用型広告」が台頭する。検索内容や閲覧履歴などに応じて特定の消費者に狙い澄まして広告を配信する技術を活用したものだ。電通が過大請求した広告サービスにも「運用型」が含まれているという。

 

こうした新しい分野ではビッグデータや人工知能(AI)など新技術を積極的に採り入れることで「広告効果」の底上げも期待される。もっとも、今回の電通の不適切業務によって、新市場の拡大に歯止めがかかるようなことがあれば、広告業界に とっては大きな痛手。電通にとどまらず、広告各社には事業の透明性を確保する取り組みが求められそうだ。

(湯田昌之)

–<ここまで>–

 

なお、これらの報道は国内新聞社、海外メディアが報じていますが、国内テレビ局はいずれも報じていません。(2016/9/23 20:00現在)

 

この件に限らず、電通関連の報道(パナマ文書、リオ五輪など)では国内メディアの報道は少なく、「第一報を報じて沈黙」というケースが後を絶ちません。

 

【参考】

『日本国内のデジタル広告サービスにおける不適切業務の発生について』・電通

http://www.dentsu.co.jp/news/release/2016/0923-009050.html

 

『Dentsu internal probe reveals ad overcharges going back to 2012』・The Japan Times

http://www.japantimes.co.jp/news/2016/09/23/business/corporate-business/dentsu-internal-probe-reveals-ad-overcharges-going-back-2012/#.V-UXajWAnVI

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

関連記事はこちら

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

ggg1_0
影山一樹
Twitter