【臨時国会】安倍首相の演説が異例のスタンディングオベーションで一時中断 野党が批判するも自身らも過去にパフォーマンス

この記事は2分で読めます

2016年9月26日の衆院本会議で、安倍晋三首相が所信表明演説を行った最中に、自民党議員の多くが立ち上がって拍手を送る一幕がありました。

 

首相が国境警備などに携わる海上保安庁や警察、自衛隊に対し「今この場所から心からの敬意を表そうではありませんか」との呼びかけに応じ、首相も演説を中断して拍手しました。

 

拍手は、大島理森議長が「ご着席ください」と制止するまで約15秒間続きました。

 

『安倍晋三首相演説、異例のスタンディングオベーションで中断 自衛隊などへの敬意呼びかけ 自民議員応じる 野党は「異常な光景」と批判』・産経新聞

 

–<記事引用>–

衆院本会議の首相演説が拍手によって中断するのは異例。本会議後の自民党役員会でも話題となり、議員歴36年の高村正彦副総裁が「演説の最中の『スタンディングオベーション((立ち上がっての拍手喝采)』は自分の経験上も初めてのことだ」と述べた。記者会見で高村氏の発言を紹介した二階俊博幹事長は「(高村氏は)興奮気味だった」と語った。

 

党幹部によると、党としてあらかじめ拍手を予定していたわけではなく、若手議員を中心に自然に発生したという。

 

ただ、民進党などの野党からは批判的なヤジが飛び出した。日本維新の会の馬場伸幸幹事長は本会議後の記者会見で「私も本会議場の中にいて異常な光景だった」と批判した。馬場氏はまた、「自画自賛のためにやっている。こういうことは避けていかないと、立法府の議論ということにはならない」と注文を付けた。

 

衆院本会議でのスタンディングオベーションは旧民主党政権でも例があった。政権交代直後の平成21年10月26日、当時の鳩山由紀夫首相が初めて行った所信表明演説を「ぜひとも一緒に新しい日本をつくっていこうではありませんか」と締めくくった際、同党議員が総立ちになって拍手を送った。

–<ここまで>–

 

『安倍首相の呼びかけで自民議員が一斉に起立・拍手 「北朝鮮か中国」と小沢一郎氏が批判』・ハフィントンポスト

 

–<記事抜粋>–

これに関し、民進党幹部は本会議後に「品がない。国会のルールを無視した最悪のパフォーマンス」と批判。日本維新の会の馬場伸幸幹事長は記者団に「異常で、異様な光景だ」と懸念を示した。共産党幹部も「二十数年国会にいるが、ああいう光景は初めて見た。気持ち悪い」と語った。

 

また、生活の党の小沢一郎代表は「異様な光景だ。今までも日本の議会では見られないと思うし、北朝鮮か中国共産党大会みたいなアレで、ちょっとますます不安に感じた」と語った。

 

首相が呼び掛けたとはいえ、演説中の行為としては極めて異例。野党側は議事の妨げになりかねないと問題視しており、27日以降の議院運営委員会理事会で協議する。

–<ここまで>–

 

確かに演説を中断させるほどのスタンディングオベーションはやりすぎかもしれませんが、自国のために尽力してくれている自衛隊らに対して感謝の意を示すことを「異様な光景だ」というのは反日・反自衛隊の野党らしいとも言えます。

 

この光景はむしろアメリカ議会に近いものなのですが、こういうときには決してアメリカの名前を出さないのも異質です。

 

また、これを非難していた野党は鳩山政権の頃に同様のスタンディングオベーションをしていたほか、2015年7月16日の安全保障関連法案採決の際にプラカードを持ち込み(違法)、マスコミのカメラに向かって掲げていました。

 

それにもかかわらず「ああいう光景は初めて見た。」と言うのはいかがなものでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

関連記事はこちら

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

ggg1_0
影山一樹
Twitter