【食の安全】NHK『あさイチ』で「イノシシの刺身」が紹介されるもその危険性が指摘される 公式サイトでは画像差し替え

この記事は2分で読めます

2016年9月27日に放送された番組『あさイチ』(NHK総合)の特集『人生が変わる島』で、写真家・加藤庸二氏がゲストで登場し、西表島の「イノシシの刺し身」を紹介する場面がありました。

 

しかし、これに対して科学ジャーナリスト・松永和紀氏がTwitter上で「イノシシの生肉には肺吸虫症、E型肝炎等のリスクがある」ことを指摘し、同番組では番組終了間際に「イノシシの刺身の紹介をされてましたが、イノシシの生食は危険です」「豚肉と同じで残さない加熱しないと食べれません」というFAXを読み上げる事態になりました。

 

『NHK「あさイチ」特集をジャーナリストが批判「食に関しては問題が多すぎる」』・livedoor NEWS

 

–<記事引用>–

ことの発端は、この日放送した同番組の特集内容にある。番組では、「人生が変わる島」と題し、日本周辺の島々の魅力を案内していた。

 

その中で、日本の島に精通する写真家・加藤庸二氏がゲストで登場し、西表島(いりおもてじま)のイノシシの刺し身を紹介した。加藤氏によると、この刺し身の味は豚肉に似ており臭みがなく、一般の人でも食べられるおいしさだという。
イノシシの刺し身を取り上げたことについて、『メディア・バイアス あやしい健康情報とニセ科学』(光文社刊)などの著書がある松永氏が、番組放送中に自身のTwitter上で言及。「イノシシの生食は、肺吸虫症、E型肝炎等のリスクがあります。絶対に生で食べてはいけない」とツイート。視聴者にその旨を伝えるよう、番組側に問い合わせた上で、特集内容について「この番組、食に関しては問題が多すぎる」と批判した。

 


番組終了間際、有働由美子アナウンサーが、視聴者からの「イノシシの刺身の紹介をされてましたが、イノシシの生食は危険です」「豚肉と同じで残さない加熱しないと食べれません」というFAXを読み上げた。

 

FAXは特集内容の訂正と注意喚起を呼びかけており、有働アナは「西表山を管轄する八重山福祉保健所によりますと、イノシシの生食は、保健所が申請を受け付けたお店でだけ提供ができるとのことです」と語り、対象外の店で食さないよう視聴者に呼びかけた。

 

しかし番組終了後、松永氏は「でも、保健所はなにを根拠に許可するの? ウイルスは眼では見えません」「一頭ずつ、さまざまなウイルスの検査をして確認している? 寄生虫を目視で全部チェック? 無理です」と許認可制の限界を指摘し、野生鳥獣の生食に関する危険性を訴えていた。

 

–<ここまで>–

 

また、『あさイチ』の公式サイトでも当初はイノシシの刺身の画像が上げられていましたが、現在は別の画像に差し替えられています。

 

NHK『あさイチ』-9月27日 ぽちポチまつり 「島」

http://www1.nhk.or.jp/asaichi/archive/160927/1.html

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

関連記事はこちら

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

ggg1_0
影山一樹
Twitter