【大阪府】釣り人2人を海に突き落とした男子中学生4人を補導 うち3人を児相送致

この記事は1分で読めます

2016年9月19日、大阪府岸和田市と忠岡町の突堤で、それぞれ中学2年生男子生徒と男性会社員が釣りをしている最中に後ろから「釣れていますか」と声をかけられた後に海へ突き落とされた事件が発生しました。

 

この事件を受けて大阪府警少年課は30日に傷害と暴行の疑いで、12~13歳の男子中学生3人を児童相談所に送致した。

 

『釣り人突き落とし、男子中学生ら児相送致=大阪府警』・時事通信

 

–<記事引用>–

大阪府内の突堤から今月、男子中学生と男性会社員が相次いで海に突き落とされた事件で、大阪府警少年課は30日までに、傷害と暴行の非行内容で、同府内に住む12~13歳の男子中学生4人を補導した。うち3人を児童相談所に送致、1人を通告した。同課によると、4人は非行内容を認めているという。

 

少年らは、19日午前6時~7時ごろまでの間、岸和田市木材町と忠岡町新浜の突堤で、釣りをしていた男子中学生(13)と男性会社員(56)を海に落下させ傷害を負わせたとされる。

 

同課によると、少年の1人は「人が海に落ちる瞬間や溺れる顔を見て楽しもうと思った」などと話しているという。

–<ここまで>–

 

大阪府警は当初、殺人未遂容疑で捜査しており、近くのコンビニエンスストアの防犯カメラなどから犯人の少年らを割り出したとのことです。

 

また、男性会社員の首や腰に全治2週間のけがを負っています。

 

これは十分悪質な犯行なのですが、犯人の氏名は公表されていません。

 

氏名を公表した方が本人たちや周りのためになると思いますが、果たしてそのような日がいつかやってくるのでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

関連記事はこちら

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

ggg1_0
影山一樹
Twitter