【電子書籍】Amazonが『Kindle unlimited』の講談社らの作品を一方的に配信停止 講談社らは抗議

この記事は2分で読めます

2016年10月3日、講談社が、Amazonが8月から提供を開始した電子書籍読み放題サービス『Kindle Unlimited(キンドル・アンリミテッド)」で、自社の作品1000超が一方的に配信停止にされたことを受けて、アマゾンジャパン合同会社への抗議文を公表しました。

 

『アマゾン「キンドルアンリミテッド」サービスにおける講談社作品の配信停止につきまして』・講談社

 

–<抗議文引用>–
弊社といたしましては、アマゾン社が独断でこのような配信停止措置を採り得るものではないと考えておりますし、今回のような事態を、読者の皆様や提供した書目の著作者のかたがたにご理解いただくことが困難であると考えています。
そこで弊社は今回の事態に対し、これまでアマゾン社に強く抗議をし、また、同時に同サービスにおける配信の原状への復帰を求めてきました。

 

しかしながら事態は好転いたしませんでした。
そればかりか、弊社が抗議を行っている最中に、アマゾン社は、9月30日夜以降、弊社が提供する1,000を超える作品すべてを、一方的に同サービスから削除しました。
このような状況に、書目を提供してきた出版社として大変困惑し、憤っております。

 

弊社はこの一連の事態に遺憾の意を示すとともに、アマゾン社の配信の一方的な停止に対して強く抗議いたします。サブスプリクション・モデルと呼ばれる定額のコンテンツ提供サービスの健全な発展のためにも、引き続きアマゾン社には善処を求めてまいります。
–<ここまで>–

 

光文社も同様に全550作品が配信停止にされた他、小学館や竹書房など、出版社を問わず作品が次々に配信停止にされています。

 

また、『ブラックジャックによろしく』や『海猿』などを手掛けた漫画家・佐藤秀峰氏も自身の作品が一部を除いて配信停止されたことを受けて、FaceBookで「訴訟なども視野に入れている」と述べています。

 

–<投稿引用>–

ひとまずのご報告です。

Kindle unlimitedに関して、アマゾンジャパン合同会社から契約条件の一方的な不利益変更を求められ、これを拒んだ所、それまでエントリーされていた作品の大半が削除され、その後の追加エントリーも反映されない件について、同社に対し賠償などを求める内容証明を送付しました。

現在、先方の対応待ちですが、訴訟も視野に入れております。

さて、どうなりますことやら。

–<ここまで>–

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

関連記事はこちら

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

ggg1_0
影山一樹
Twitter