【南海電鉄】車掌の「多くの外国人で、ご不便を」アナウンス 外国人のマナーの問題も深刻!?

この記事は2分で読めます

2016年10月10日、南海電鉄の40代男性車掌が、車内で「本日は多数の外国人のお客さまが乗車されており、大変混雑しておりますので、日本人のお客さまにはご不便をおかけしております」という内容のアナウンスを行い、口頭注意を受けていたことがわかりました。

 

『南海電鉄 車掌「多くの外国人で、ご不便を」』・毎日新聞

 

–<記事引用>–
同社によると、アナウンスは難波発関西空港行きの空港急行内で天下茶屋を発車した同日午前11時半ごろあった。乗客の日本人女性が関空駅に到着後、「社内のルールに定められた内容の放送なのか」と駅員に問い合わせて発覚した。

 

車掌は同社の聞き取りに「難波駅で車内の日本人男性客が『外国人が多くて邪魔』という内容を大声で叫んだのを聞き、トラブルを避けるために放送した。差別の意図はない」と説明したという。同社によると、これまでにも、車内の外国人観光客の大きな荷物に対する苦情が他の乗客から寄せられたことはあったが、この車掌が同様のアナウンスをしたのは今回が初めてという。

 

同社は「日本人でも外国人でも、お客さまに変わりはない。区別するような言葉はふさわしくない」としている。【井川加菜美】
–<ここまで>–

 

この件に対して車掌のアナウンスが「差別的だ」という意見がありますが、南海電鉄の混雑している車両内で外国人がスーツケースを乱雑に通路に置いたり、大声でしゃべり続けていることが問題視されており、実際に他の乗客に迷惑がかかっているのは間違いではないと見られています。

 

 

–<つぶやき抜粋>–

南海電車のアナウンスが差別的だという発言があったが
現在の南海電車の映像が回ってきたのでUPします。
外国人が多くて他の客にご不便をかけてるのは見ればわかるだろう
現状を知らない人は語るべきではない。

–<ここまで>–

 

また、南海電鉄以外でも空港などでも同様の問題があるため、今回の車掌のアナウンスは言い方に問題はあったかもしれませんが、「差別的」というのはまた違うのではないでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

関連記事はこちら

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

ggg1_0
影山一樹
Twitter