【偏向報道】スピード違反で逃走中の男がバイクで事故 マスコミ報道に悪意!?

この記事は1分で読めます

2016年10月12日午前8時ごろ、兵庫県神戸市垂水区でスピード違反で逃走し、白バイに追跡されていた20代の男性が運転するバイクが対向車線にはみだし、女性が運転するバイクと衝突しました。

 

さらに衝突のはずみで男性のバイクが電柱を支えるワイヤに激突し、男性の体が切断され、上半身が横を走る山陽電鉄の線路に飛ばされたということです。

 

『バイク男性の上半身切断、白バイ追跡の末に』・東洋経済

 

–<記事引用>–

12日朝、神戸市垂水区で白バイが追跡していたバイクが別のバイクと衝突した後、電柱を支えるワイヤに激突、運転していた男性が死亡した。

 

12日午前8時ごろ、神戸市垂水区で、スピード違反で逃走し、白バイに追跡されていた20代の男性が運転するバイクが対向車線にはみだし、女性が運転するバイクと衝突した。さらに衝突のはずみで男性のバイクが電柱を支えるワイヤに激突し、男性の体が切断され、上半身が横を走る山陽電鉄の線路に飛ばされたという。

 

この事故で山陽電鉄は一時運行を停止し、約1万人に影響が出た。兵庫県警長田警察署は、「亡くなられた方には心よりお悔やみ申し上げます。事故の詳細は調査中であるが、違反車両を停止させるため、必要な追跡行為であったと考えている」とコメントしている。

–<ここまで>–

 

事故に巻き込まれた女性の無事を祈ります。

 

この事故は明らかに逃走中の男に非があるのですが、マスコミの報道では見出しに「白バイが追跡」というワードを持ってきており、まるで白バイが悪いかのような印象を受けてしまいます。

 

男が事故で亡くなったことは悔やみますが、そもそもスピード違反で逃走しなければ事故自体が起きませんでした。

 

マスコミは、あくまで警察の不祥事のように報道したいのでしょうね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

関連記事はこちら

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

ggg1_0
影山一樹
Twitter