【普天間基地問題】プロ市民が「辺野古基金」設立

この記事は1分で読めます

2015年4月9日、翁長雄志を支援した地元の経済人や地方議員、市民団体らが辺野古への基地移設に反対するため「辺野古基金」を設立しました。

 

普天間飛行場の早期閉鎖と、辺野古への新基地建設中止が目的で米国での活動が主になるとのことです。

 

時事通信社によると、「金秀グループ」の呉屋守将(ごやもりまさ)会長、ホテル「かりゆしグループ」の平良朝敬(たいらちょうけい)最高経営責任者(CEO)らが共同代表とのことですが、みんな在日じゃないですか!

 

そして、翁長沖縄県知事は数々の売国行為を行ってきた張本人であり、それを支援した団体も選挙のために県外から住民票を移してきた反日団体です。

 

新聞の意見広告やパンフレットも作成するとのことですが、間違っても寄付などしないようご注意ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

関連記事はこちら

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

ggg1_0
影山一樹
Twitter