【女性社員過労自殺】東京労働局が電通本社を抜き打ち調査 しかしなぜかマスコミがこれを撮影!?

この記事は1分で読めます

2016年10月14日の午後1時頃、電通に去年入社した女性社員が過労のため自殺した問題を受けて、長時間労働の問題を担当する東京労働局の特別対策班が、電通の本社に抜き打ちの調査に入りました。

 

『電通社員過労自殺 労働局が本社を抜き打ち調査』・NHK NEWS WEB

 

–<記事引用>–

電通に去年入社した高橋まつりさん(当時24)は、長時間労働による過労のため、去年12月に自殺し、先月、労災と認められました。
これを受けて、14日午後1時すぎ、長時間労働の問題を担当する東京労働局の過重労働撲滅特別対策班、通称「かとく」のメンバーなどが東京・港区にある電通の本社に「臨検監督」という抜き打ちの調査に入りました。

 

今回の調査は、電通の本社だけでなく、全国すべての事業所を対象にしているということで、厚生労働省として異例の対応だということです。厚生労働省は、社員の勤務実態を調べたうえで、労務管理などに問題が見つかれば、再発防止に向けて改めて指導することにしています。

 

電通では平成3年に入社2年目の24歳の男性社員が過労のため自殺していて、塩崎厚生労働大臣は12日の衆議院予算委員会で「この企業において再び自殺事案が発生したことは本当に遺憾の至りだ」と述べ、再発防止策を講じるよう電通を指導したことを明らかにしていました。
電通は、「当社に東京労働局の調査が入っていることは事実です。調査には全面的に協力しています」とコメントしています。

–<ここまで>–

 

この『抜き打ち調査』は午後1時に実施されましたが、上記のNHKの報道は午後1時5分にされたもので、電通本社前で東京労働局の特別対策班が建物に入っていくところを撮影しています。

 

マスコミ他社でも、ほぼ同時刻に報道されており、電通側は予めこれを知っていた可能性が高いです。

 

もしそうであれば、証拠となる資料は事前に処分・隠蔽されて、今回の調査で成果を得られないかもしれません。

 

『抜き打ち』とは一体何なのでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

関連記事はこちら

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

ggg1_0
影山一樹
Twitter