【法務省】入国審査でテロリストの顔照合 東京五輪に向けてか

この記事は1分で読めます

2016年10月14日、法務省は空港・港湾の入国審査で、原則として全ての外国人を対象に、国際テロリストの顔画像データとの照合を17日から行うと発表しました。

 

2020年の東京五輪・パラリンピックをにらんだテロ対策の一環で、水際でのテロリスト入国阻止を目指すものです。

 

『全外国人の顔画像照合=テロリスト入国阻止で-法務省』・時事通信

 

–<記事引用>–

データ照合は、全国156カ所の空港・港湾の入国審査ゲートで実施。16歳未満の子供や外交官、特別永住者を除く全外国人が対象となる。同省が保有するテロリストの顔画像データと一致した場合は、強制退去などの措置を取る。

 

テロリストの顔画像データについては、国際刑事警察機構(ICPO)や各国治安当局との情報共有を進めており、随時更新していく方針。

–<ここまで>–

 

法務省によると、今までの入国審査では氏名と指紋でテロリストの照合をしていたとのことですが、偽名を名乗っている場合やテロリストの指紋を集めることが困難であったため、顔照合に踏み切ったと見られています。

 

今回の対応は遅すぎるようにも思えますが、今後もテロ対策に注力していただきたいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

関連記事はこちら

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

ggg1_0
影山一樹
Twitter