【三店方式】取り締まられないパチンコ店

この記事は2分で読めます

日本国内では粛々と営業が行われているパチンコ業界ですが、憲法では「国営賭博(競馬・競輪)以外の賭博行為は違法」とされており、パチンコでの賭博も違法です。

 

しかし、パチンコ店は取り締まれておらず、警察も「パチンコ店で三店方式が行われているなんて知らない」としらばっくれる始末です。

 

1.三店方式とは?

『三店方式』とは、

 

①客がパチンコ店で稼いだ玉を特殊景品と交換する。

②客が特殊景品を景品交換所に持ち込み、現金と交換する。

③景品問屋が景品交換所から特殊景品を買い取りパチンコ店に卸す。

 

というもので、「パチンコ店と景品交換所は無関係」という建前から違法性を回避する動きがあります。

 

2.三店方式の取り締まり

パチンコ以外(裏カジノや射的など)は判例によると「ギャンブルに該当するため違法」となっていますが、なぜかパチンコだけは「ギャンブルではなく遊戯であるためただちに違法ではない」となっています。

 

これは警察や一部政治家との癒着が濃密であることが原因です。

 

3.パチンコ業界の経営

国内のパチンコ業者経営者の8割は韓国人または北朝鮮人です。

つまり、パチンコでお金を使えば使うほど在日に金銭が行き渡ることになります。

 

また、「パチンコ攻略法」などというものも詐欺であり、パチンコ店やメーカーで対策を取られ、当たりがコントロールされています。

 

4.海外でのパチンコ取り締まり

アメリカや韓国などでは、「パチンコは違法」とされており、全面的に禁止されています。

取り締まられないのは日本ぐらいなものです。

 

5.パチンコ業界の消費電力

東京電力管内の主な産業や施設などの電力消費量 (2009年度)は以下のようになっており、膨大な電力が消費されています。
[主な産業、製造業、生活][1日あたりの電力消費量][一般家庭換算の世帯数]
自動車・電機など:4617万キロワット:476万世帯
化学:2470万キロワット:225万世帯
鉄鋼:1753万キロワット:181万世帯
鉄道:1726万キロワット:178万世帯
食品:1530万キロワット:158万世帯
パチンコ:415万キロワット:43万世帯
飲料自販機:400万キロワット:41万世帯
東京ディズニーリゾート:57万キロワット:5.9万世帯
東京ドーム プロ野球1試合:4万キロワット:0.41万世帯

6.パチンコ議員一覧

パチンコ業界との癒着が濃厚な議員の一覧です。

 

パチンコ議員一覧

 

是非とも拡散していただけると幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

関連記事はこちら

  1. この記事へのコメントはありません。

プロフィール

ggg1_0
影山一樹
Twitter