【偏向報道】「ポケモンGOで事故」「(高齢者の)慣れない運転で…」「また高齢者が…」 交通事故を巡るマスコミ報道の違和感

この記事は2分で読めます

日夜、全国各地での交通事故について、マスコミ各社が報道していますが、報道の論調や見出しなどに違和感を持っている方も少なくないかと思われます。

 

中でも「高齢者や障害者が加害者になった事故」や「『ポケモンGO』に関連した事故」に対する報道は特に偏向していると言ってもいいでしょう。

 

1.高齢者・障害者などによる最近の交通事故の報道

 

高齢者や障害者が加害者の事故について、その件数自体は全体の2割ほどで年々徐々に増加してはいるものの、マスコミがそれらを報道する頻度は急激に上がっています。

 

『東京と千葉で高齢者が運転する車の死亡事故 2人死亡』・FNN

 

高齢者が運転する車の死亡事故が後を絶たない。13日も東京と千葉で、高齢者のドライバーによる事故が相次ぎ、2人が死亡した。

 

例えば上記の報道では、あたかも「最近、高齢者による交通事故が急激に増えている」「高齢者による交通事故は件数が多い」ような印象を受けますが、実際は以下の表のとおりです。

 

www2

※警視庁HPより

 

高齢者による交通事故の割合は増えていますが、事故の総件数が減少しているため、「高齢者による交通事故の件数」はほぼ横ばいになっています。

 

また、一方で高齢者による交通事故について、以下のような報道もされています。

 

『運転女性、看病で寝不足か 病院で車暴走2人死亡』・テレビ朝日

 

車を運転していた女性は「運転には慣れない」と知人に話していたほか、現場の病院に入院した家族の看病で寝不足の状態だったことが分かりました。
女性を知る人:「(運転が)怖いとは言わないけれども、慣れないわね」「(昨晩は病院にいたようで)朝10時ごろ帰ってきて、またお昼ごろ出掛けられたみたいだから、ほとんど睡眠が」

 

「運転になれていないから」「睡眠不足だったから」と、まるで加害者のことを擁護しているように報道しており、事故自体を正当化したいようにも見受けられます。

 

仮にこれが、日本人の若年者などが加害者の場合、このような報道はされないでしょう。

(被害者が軽傷で、事故の悪質性が低い場合でも極悪人のように報道されることも…)

 

もちろん、「若年者も擁護しろ」というわけではなく、加害者を変に擁護したり、貶めたりする報道はおかしいという話です。

(事故を起こしたこと自体は許されることではないというのは大前提です)

 

2.『ポケモンGO』に関する交通事故の報道

Niantic, Inc.が運営するAndroid・iOSアプリ『ポケモンGO』にまつわる交通事故の報道についてです。

 

こちらについては以前も以下の記事で取り上げましたが、マスコミは「ながらスマホが原因の事故」を「ポケモンGOが原因の事故」のように報道しています。

 

【ネガキャン】「ポケモンGOによる死亡事故」 『ポケモンGO』に対するマスコミ報道の異常性

 

そのような報道があまりにも多かったため、Niantic, Inc.側も11月7日のアップデートにて「一定の速度以上で移動している時は操作できなくなるよう」に仕様変更をする事態になりました。

 

このアップデートは日本版だけではなく世界共通で実施されたため、日本のマスコミ報道が他国にも影響を及ぼしたことになります。

 

これらの事故についても、事故を起こした加害者が悪質であることは当然で、このような人物はポケモンGOに関係なく事故を起こすので根本的な解決にはならないでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

関連記事はこちら

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

ggg1_0
影山一樹
Twitter