【NHK・テレ朝聴取】古賀茂明が「自民聴取は放送法違反」だと主張

この記事は1分で読めます

2015年4月16日にテレビ朝日「報道ステーション」を降板した古賀茂明が日本外国特派員協会で記者会見を開き、「政権与党が報道内容に口を挟むのは明らかな放送法違反だ」と発言しました。

 

「放送法3条が番組編集の自由を定めている」とのことらしいですが、放送法3条は

『法律に定める権限に基づく場合でなければ』という但し書きがあります。

 

そして、放送法4条では『政治的に公平であること。報道は事実をまげないですること。』と明記されています。

 

つまり、古賀茂明の主張は根本的に間違っているわけですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

関連記事はこちら

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

ggg1_0
影山一樹
Twitter