【在日外国人】2015年7月9日に通名が有名無実化

この記事は2分で読めます

在日外国人が使用していた『通名』が住民基本台帳法の改正および外国人登録法の廃止に伴い、2015年7月9日以降有名無実化します。

 

特に在日韓国人の通名使用による犯罪行為などが深刻化しており、それに一石を投じる形になります。

 

また、韓国政府も2015年7月9日に「すべての韓国国民に住民票を発行する」などの対応を進めています。

 

1.通名とは

『通名』とは日本で使用する本名とは異なる通称です。

 

住民票にも記載されており法的にも効力を持つため、通名を使用して銀行口座を開設したり、運転免許証などの各種証明書にも記載されます。

 

また、通名の使用や変更にはほぼ規制がなかったため、「複数の通名を使用して口座を開設すること」や「犯罪を行った際に本名で報道されず、出所後に通名を変更して社会的制裁を逃れること」などが問題になっています。

 

2.法律の改正内容

要約すると「2015年7月9日以降、通名自体は使用できるが本名の併記が必須で、通名は法的効力を持たなくなる」ことになります。

 

新しい在留管理制度がスタート!(法務省)

特別永住者の制度が変わります!(法務省)

 

3.韓国政府の対応

韓国国民には兵役と納税の義務があり、履行を逃れることはできません。

 

在日韓国人は韓国国籍を有しているため彼らに対しても住民票が発行され、場合によっては強制送還もあり得ます。

それは日本に帰化している韓国人も例外ではありません。

 

というのも、韓国国籍は「韓国国籍を放棄することを韓国政府に届け出て受理されなければ放棄できない」ため、日本の国籍を得ても韓国政府が帰化を認めない限り日本の国籍が無効になる可能性もあります。

 

在日韓国人は半島の韓国人や韓国政府から「国民の義務を放り出して逃げ出した裏切り者」として忌み嫌われているため、韓国政府も今回の件については手を抜かないでしょう。

 

4.不法滞在者の通報

不法滞在者の疑いがある人物を見つけた場合、警察ではなく入国管理局に通報してください。

 

警察は創価学会などの反日勢力との繋がりが濃厚で、通報者が特定されてしまいます。

 

 

 

この通名制度の有名無実化によって、メディアの報道も大きく変わってくるでしょう。

 

在日韓国人による犯罪が明確になる他、出演者や番組製作者の多くが通名を使用している在日外国人であることも明るみに出そうです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

関連記事はこちら

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

ggg1_0
影山一樹
Twitter