【知っておきたい】特定秘密保護法とは?

この記事は1分で読めます

2014年12月10日に施行された『特定秘密保護法』ですが、これはどういう法律なのでしょうか?

 

要約すると「国家機密を国外に流出させないための法律」です。

 

「国家機密」とは「自衛隊の警備配置」や「暗号の解読表」などのような国外に知られると国家防衛に支障をきたすものを指します。

 

メディアは「政府が勝手に秘密を増やせる」、「国民の知る権利を侵害する」と報道してますが、この法律は「政府の秘密を増やすもの」でも「国民が知るべき情報が開示されなくなるもの」でもありません。

 

『特定秘密保護法』はいわゆる「スパイ防止法」のひとつなので在日メディアにとっては都合が悪いわけですね。

 

アメリカなどの海外の先進国ではすでに同様の法律が施行されています。

 

特定秘密保護法の詳細はこちら(首相官邸)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

関連記事はこちら

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

ggg1_0
影山一樹
Twitter