【正論】百田尚樹氏のメディア批判でサヨクメディア猛反発

この記事は1分で読めます

『永遠の0』や『BOX!』などを執筆した作家・百田尚樹氏が2015年6月25日に自民党本部で開催された「文化芸術懇話会」で講演しました。

 

講演の内容は国内メディアの報道姿勢を非難するもので、公開部分では冒頭のみで社名などは挙げませんでしたが非公開部分では「沖縄の2つの新聞はつぶさないといけない」とも発言しました。

 

百田尚樹氏は南京大虐殺の否定・集団的自衛権に賛同・日教組を非難など愛国保守派として知られており、サヨクからは敵視されています。

 

今回の発言に対して朝日新聞などは猛反発していますが、沖縄メディアが反日で印象操作しているのは事実なので百田氏の発言には何も問題はありません。

 

むしろこれを非難しているメディアが「言論の自由」を侵害していると言えるでしょう。

 

今回の発言は共同通信が記事にしていますが、そもそも非公開なのにどうやって知りえたのでしょうか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

関連記事はこちら

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

ggg1_0
影山一樹
Twitter