【安保法制】衆議院で全会一致で可決

この記事は1分で読めます

2015年7月15日衆議特別委員会で安全保障関連法案の採決が行われ、与野党賛成多数によって可決しました。

法案は16日に衆議院本会議で可決されます。

 

15日の午前中に質疑が行われ野党が反発していましたが、採決の際には「賛成者は起立してください」との呼びかけに対して野党も起立していたため、全会一致での可決となりました。

 

今回の採決は法に則って順当な手続きによって行われたものであるため、マスコミが報道している「強行採決」は事実無根になります。

 

可決は日本国民の民意と言えるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

関連記事はこちら

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

ggg1_0
影山一樹
Twitter