【朗報】今国会で可視化法案見送り。ヘイトスピーチ法案も廃案へ

この記事は1分で読めます

2015年9月4日、与党は可視化法案(容疑者取り調べの録音・録画の義務化を含む刑事司法改革関連法案)の成立を今国会では見送りすることを決定しました。

 

見送った理由は「民主党がヘイトスピーチ規制法案を先に処理するよう求めており、審議に応じない」ためであり、秋の臨時国会での成立を目指しています。

 

『ヘイトスピーチ規制法案』は与党内でも慎重な意見が多く、審議未了で廃案になると見られています。

 

民主党が言う『ヘイトスピーチ』とは「在日韓国人に対する侮蔑やデモ活動」という非常にあいまいな定義であり、「日本人に対する侮蔑」は含まれていません。

 

日本人としてこんな法案を通さないのは当然のことですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

関連記事はこちら

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

ggg1_0
影山一樹
Twitter