【在日一掃】マイナンバー制度とは

この記事は1分で読めます

2015年10月に通知され、2016年1月から運用開始となる『マイナンバー制度』ですが、その仕組みや目的について簡単に説明します。

 

1.『マイナンバー制度』とは?

年金や雇用、福祉(生活保護など)などの社会保障、税務署に提出する書類、自然災害などで被災した場合の支援金の受給などで個人の情報を紐づけるために、国の行政機関や地方公共団体などで利用する番号のことです。

 

上記の場面でマイナンバーの提出が求められるようになります。

 

また、企業などの法人についてもマイナンバー(法人番号)が発行され、企業の納税や社会保険などの手続きで利用します。

 

上記の個人や企業の情報の管理方法に従来通りで、決して「国で個人情報を一元管理するもの」ではありません。

 

2.個人情報は他人に公開されない?

マイナンバーはあくまで国や地方が管理するためのものなので、それをもとに個人情報を他人や企業に開示するものではありません。

 

それに対して企業の情報は法人番号をキーにして、法人の名称や所在地などをインターネット上から閲覧できるようになります。

 

3.『マイナンバー制度』を導入されると困る人たち

上記のとおり、マイナンバーは個人を紐づけるためのものであるため、名前を複数持ち、それを利用して資産や取得を不正に隠すことや生活保護受給者が資産や取得を隠すこと、高額取得者が節税対策で資産を分配すること、犯罪組織のマネーロンダリングなどができなくなります。

 

つまるところ、ほぼ在日韓国人や在日企業が当てはまることになります。

 

4.海外でも同様の制度はあるのか?

台湾やアメリカ、オーストラリア、ドイツ、イタリア、シンガポールなど世界中で同様の制度が導入されており、むしろ導入していない先進国は日本ぐらいです。

 

 

 

詳細は内閣官房のホームページからご覧ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

関連記事はこちら

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

ggg1_0
影山一樹
Twitter