【2015年ノーベル物理学賞】梶田隆章・東京大学宇宙線研究所教授が受賞

この記事は1分で読めます

2015年10月6日、スウェーデン王立科学アカデミーは2015年のノーベル物理学賞を梶田 隆章(かじた たかあき)・東京大学宇宙線研究所教授ら2名に贈ることを表明しました。

 

梶田教授が、ニュートリノが質量を持つことを証明するニュートリノ振動を発見したことが受賞理由となります。

 

ニュートリノとは素粒子の一種であり、中性微子とも呼ばれます。

 

このニュートリノは質量がほぼないとされていましたが、ニュートリノ振動を起こすためには「0ではない質量が必要」であり、梶田教授はこの成果を1998年にニュートリノ物理学・宇宙物理学国際会議で発表しています。

 

前日の大村智・北里大学特別栄誉教授に引き続き日本人の受賞は誇らしいですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

関連記事はこちら

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

ggg1_0
影山一樹
Twitter