【賛否両論】エスカレーターの片側空けはマナーじゃない?

この記事は1分で読めます

国内ではエスカレーターの片側空けが定着しており、東日本では右側空け、西日本では左側空けをして空いた側を他者が通行する光景が多く見受けられます。

 

この「片側空け」については「マナーである」「時間節約になる」といった理由で支持する意見もある一方、「足腰の不自由な方を横から支えることができない」「転倒する危険性が高く、重大な事故に繋がる」「そもそもエスカレーターは歩行することを前提に設計されていない」といった反対意見も少なからずあります。

 

日本エレベーター協会もエスカレーターでの歩行を禁止することを呼びかけており、全国の鉄道事業者や商業施設でも同様の呼びかけが行われています。

 

「片側空け」が広まったきっかけは、1967年に阪急電鉄・梅田駅が現在の場所に移転した際、高層化により従来よりもエスカレーターが長くなることから、急ぐ人のために片側空けルールの導入が検討されたことから始まっています。

 

また1970年の大阪万博開催の際にも、世界各国から来訪客が集まることが予想されたため、大阪人のマナー改善策としてヨーロッパの片側空けルールが取り入れられています。

 

これらのことから、「片側空け」を支持する理由は効率性を重視したものが多く、反対する理由は安全性に基づくものであることがわかります。

 

しかし、現代社会では効率性は安全性が満たされていることを前提条件としており、「片側空け」はそれに則していないと見ることもできます。

 

 

マナーは時代の流れや環境によって変化していくものであるため、何が最適解であるかを常に考えていく必要があるのかもしれませんね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

関連記事はこちら

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

ggg1_0
影山一樹
Twitter