【不敬】日テレ『ミヤネ屋』のナレーションが『平成天皇』と呼称し炎上

この記事は1分で読めます

2016年2月29日、日本テレビ系番組『ミヤネ屋』の『元女子アナ 異色人形工芸師の挑戦』と称した特集のナレーションが天皇皇后両陛下を『平成天皇』と呼称する場面がありました。

 

特集の締めくくりとして「昭和、そして平成天皇皇后両陛下の時代へ。人々はよき夫婦の理想像として皇室の姿を殿と姫に重ねた。それが現代のひな人形だと言われている」とナレーションしました。

 

本来であれば天皇陛下が在位中の場合、元号をつけて呼称することはせず『今上(きんじょう)天皇』と呼称するのが一般的です。

天皇陛下が崩御して一定期間経過後にのみ元号をつけて呼称します。

 

また、番組内でこの呼称について訂正することはありませんでした。

 

この件についてネット上では「ひどすぎる」「報道関係者が非常識」「報道でこれは失礼すぎる」「わざとやってるだろ」「半島人が番組を作っているから仕方がない」など非難一色となっています。

 

「知らなかった」では済まされないでしょうね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

関連記事はこちら

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

ggg1_0
影山一樹
Twitter