【沖縄・普天間基地問題】抗議活動の実態

この記事は1分で読めます

何かと話題になる普天間基地の抗議活動ですが、反対派はどんな人たちなのでしょうか?

 

実は、彼らは沖縄県民ではなく、県外からやってきた左翼団体であり、『革マル派』などの反日危険団体、通称『プロ市民』です。

 

1.抗議活動の内容

彼らの活動は過激で、「フェンス周辺へのゴミ廃棄」、「施設破壊」、「フェンスにアカテープを貼り付ける」、「警備員などへの暴力行為」など完全に犯罪行為です。

 

被害は住民にも及んでいます。

 

2.メディアの報道

報道各社はこれらの事実を一切報道しません。

報道されるのは「反対派が抗議している」という内容のみ…

 

また報道用の画像は彼らの正体がばれないように撮影されており、マスコミは知っていながら敢えて報道していないことがわかります。

 

◆参考動画

 

なお、彼らのような左翼団体は沖縄県以外の各地でも活動を繰り広げており、マスコミはそれをひた隠しにしています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

関連記事はこちら

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

ggg1_0
影山一樹
Twitter