【舛添要一】ヤフオクで政治資金を使って娘の制服や美術品を落札!? 次々と浮上する疑惑

この記事は2分で読めます

2016年5月15日に放送されたフジテレビ系『新報道2001』(日曜・前7時30分)にて、東京都の舛添要一知事(67)がインターネットの『ヤフーオークション(ヤフオク)』で、政治資金を使い絵画などの美術品を購入していた疑惑があると報じました。(スポーツ報知)

 

–<記事引用>–

番組が2013年分の政治資金収支報告書を精査すると「調査研究費(書籍・資料代)」として計上されていた日付と、ヤフオクの落札終了日時が1日のずれだけで、金額も出品者の記憶通りだったという。

さらに同番組が、出品者に取材すると「『ymasuzoe』というIDだった」と証言を得たのに加え、「ymasuzoe」というIDの人物が落札した商品を舛添氏の自宅(事務所)に直接届けた、という出品者の証言も得た。

舛添知事は、13日の会見で「議員外交、都市外交で書や浮世絵をツールとして利用している」「政治資金で財テクをしている事実はない」と話していた。

出演した自民党の萩生田光一官房副長官(52)「ちょっと違和感を感じる。直ちに違法性があるというわけではないが、それを政治活動の何に使ったのか。政治資金で蓄財はできない。一定の変動価値のある絵画を一時的に取得し、そこに例えば付加価値が乗った場合にどういう処理をするのかは考えるべき事柄」「海外との交流の手土産に使ったという意味なのか。 きちんと説明責任を果たすべきと思う。記者会見も拝見したが、一都民として非常に分かりづらかった」と述べた。

「ymasuzoe」というIDの人物は、5月15日時点で137人(214件)と取引を行い、すべてで「非常に良い・良い」の高評価を得て、「信頼のおける落札者」「迅速な振込み、丁寧な連絡で気持ちの良い取引を行えた」などのコメントが付けられている。

–<ここまで>–

 

また、ガジェット通信の記事『“つるセコ”炸裂!? 舛添要一都知事が娘の制服を『ヤフオク!』で入手したのではと話題に』によるとブレザーやスカートなども落札しており、自身の娘のために政治資金で落札したものと見られています。

 

–<記事引用>–

5月15日に放送されたフジテレビ『新報道2001』で、舛添要一・東京都知事が『ヤフオク!』で政治資金を使って美術品を購入していたのではない かという疑惑が報じられた。落札された美術品が、政治資金収支報告書にも記載されていたという。「ymasuzoe」というIDだったそうである。

 

こちらのID、
「非常に良い 落札者です。」
の評価がズラリ。ネット上では
「非常に悪い都知事です。」
と揶揄されていた模様である。

 

落札品は美術品がほとんどなのだが、中には
「本格派ラルフローレン5i紺ブレザー149-155&スカート150他」
なる商品も。
「すわ、舛添都知事には女子の制服を着る趣味が!?」
「会議と称して奥さんに着せていたのでは」

とネット上は騒然となるが、都知事の過去の家族写真で娘さんが同じ制服を着ているのではないかと思われる写真も発掘され、
「娘に『ヤフオク!』で落札した中古の制服を着せていたのか!?」
と別の意味あいで騒然となっていた模様である。

–<ここまで>–

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

関連記事はこちら

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

ggg1_0
影山一樹
Twitter