【不当なレッテル張り?】「ネット右翼(ネトウヨ)」の本当の意味

この記事は1分で読めます

ネット上などでよく見かける「ネトウヨ」という単語がありますが、「危険な右翼団体」というイメージが強いと思います。

 

しかし、実際は「反日活動家(在日韓国人など) が日本の崩壊を目的として作った言葉」であり、「日本の保守・愛国系のネットユーザーの発言を危険な右翼団体の主張であるかのように思わせること」を目的として使用しています。

 

それに加え、在日韓国人たちは、愛国者を名乗り、わざと迷惑行為を行うことで愛国者のイメージダウンを図るため、より一層性質が悪いです。

 

1.「ネット右翼」という呼び方を作った理由

・中国や韓国、創価学会などへの批判者を「ネット右翼」と認定することで「それらの団体がなぜ批判されているのか」を議論させないため。

 

・何の論理的根拠も無く「ネット右翼(ネトウヨ)」という一言で済ませ、レッテル貼りをすることで悪いイメージを植え付けるため。

 

・反日活動家が自分たちの都合の悪い情報を隠蔽するため。

 

・在日を批判している一部の市民団体や一般市民を、危険な右翼団体の主張であると国民に思わせるため。

 

2.「ネット右翼」という言葉を使う人々

反日工作員が工作を行い、「ネット右翼」という言葉を広め、周りが影響を受けて使うようになってしまいました。

 

・右翼団体の本当の目的を知らずに影響を受けてしまった人

 

・反日活動家

 

・ネット上の「保守・愛国派」と、危険な右翼団体を混同してしまっている人

 

3.右翼団体の正体

右翼団体の構成員はほぼ在日になり、マスコミはそれを報道しません。

右翼の正体については、以下のページが参考になります。

 

「右翼の正体」

http://www.geocities.jp/uyoku33/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

関連記事はこちら

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

ggg1_0
影山一樹
Twitter