【宣戦布告!?】中国、ロシア軍艦艇が尖閣諸島周辺の接続水域に侵入

この記事は2分で読めます

2016年6月9日未明、日本政府は中国海軍とロシア海軍の艦艇が尖閣諸島(沖縄県石垣市)周辺の接続水域内に入ったことを発表しました。

 

中国の軍艦が尖閣周辺の接続水域に入域したのは初めてであり、中露両国の艦艇ともすでに接続水域を出ており、領海侵入は確認されていません。(産経新聞)

 

–<記事引用>–

防衛省などによると、8日午後9時50分ごろ、ロシア海軍のウダロイ級駆逐艦など3隻が尖閣諸島の久場島と大正島の間を南から北に向かって航行しているのを海上自衛隊の護衛艦「はたかぜ」が確認した。9日午前3時5分ごろに接続水域を離れた。

 

さらに、9日午前0時50分ごろ、中国海軍のジャンカイI級フリゲート艦1隻が久場島北東の接続水域に入ったのを海自護衛艦「せとぎり」が確認。フリゲート艦は約2時間20分にわたって航行し、3時10分ごろ、大正島北北西から接続水域を離れた。

 

接続水域は領海のすぐ外側にあり、航行自体は国際法違反には当たらない。ただ、防衛省幹部は「中国は尖閣諸島の領有権を主張している。ロシア海軍と同時刻に接続水域に入っていることは特異だ。警戒監視を続け、意図の分析を急ぐ」としている。

 

安倍晋三首相はただちに関係省庁に対し、不測の事態に備えて米国など関係国と緊密に連携し、警戒監視に全力を尽くすよう指示した。外務省の斎木昭隆事務次官は9日未明、中国の程永華駐日大使を外務省に呼び、重大な懸念を表明するとともに抗議した。

 

政府は首相官邸の危機管理センターに情報連絡室を設置。防衛省も緊急幹部会議を開くなど、情報収集と分析を進めている。

–<ここまで>–

 

産経新聞は号外を出しており、大きく取り扱っています。(日本のメディアなら当たり前なのですが…)

 

安倍首相からの指示内容は以下のとおりです。(首相官邸HP)

 

–<記事引用>–

尖閣諸島久場島北東の我が国接続水域内に中国海軍艦艇が入域したことに関し、以下のとおり指示。

 

  1. 不測の事態に備え、関係省庁が緊密に連携して対処すること
  2. 米国を始めとする関係諸国と緊密な連携を図ること
  3. 警戒監視に全力を尽くすこと

–<ここまで>–

 

この入域によって示威行為のレベルが上がったとの認識が広まっており、今後も警戒が必要になってきます。(時事ドットコム)

 

–<記事引用>–

◇示威行為のレベル上がった
元海上自衛隊護衛艦隊司令官の金田秀昭氏の話

これまで沖縄県尖閣諸島の海域では中国の法執行機関の海警が示威行為 をしてきたが、中国海軍のフリゲート艦が接続水域に入ったことで、そのレベルが上がったといえる。尖閣諸島周辺海域では、中国軍は遠巻きにして海域を監視 し、軍は出てこないという微妙なバランスがあったが、一歩踏み出した。シンガポールでのアジア安全保障会議や主要国首脳会議(伊勢志摩サミット)で、南シ ナ海、東シナ海での強引な海洋進出などについて批判を浴びた中国側の反発の可能性もある。ロシア軍艦も接続水域に入ったが、中国と連携したのかどうか目的 を詳細に分析する必要がある。

–<ここまで>–

 

なお、野党や左派は、この件に関しては現時点での言及はありません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

関連記事はこちら

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

ggg1_0
影山一樹
Twitter