【原始星】メタノール・ギ酸メチルなどの有機物の輪を発見

この記事は1分で読めます

2016年6月20日、東京大のチームが地球から約400光年離れた生まれたての『原始星』周辺に、メタノールなどの有機物でできた大量の分子がリング状に分布していることを発見したと発表しました。(デイリースポーツ)

 

–<記事引用>–

調べたのは、へびつかい座の星形成領域にある原始星。南米チリのアルマ望遠鏡で、取り巻くガスの分布状況を観測した。

 

すると、原始星の周りにある円盤に接する形で、メタノールやギ酸メチルといった有機物が豊富に見つかった。星間空間でできた有機物が、原始星のそばまで移動した証拠という。

–<ここまで>–

 

『原子星』とは誕生初期の恒星のことで、暗黒星雲の一部が自己の重力で収縮しはじめ、可視光でも観測できるおうし座T型星になる前の状態までのことを指します。

 

アメリカの赤外線観測衛星『スピッツァー』や日本の赤外線観測衛星『あかり』などによって、これまで知られていなかった原始星の姿が次々に明らかになっています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

関連記事はこちら

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

ggg1_0
影山一樹
Twitter