【バングラデシュ・テロ事件】犠牲者7名の氏名は公表せず これに賛同する声も多数 しかし、時事通信社が被害者の氏名を公表

この記事は2分で読めます

2016年7月3日、菅官房長官は記者会見で、バングラデシュのレストラン襲撃テロ事件で死亡が確認された日本人7人(男性5人、女性2人)の年代を明らかにしました。(読売新聞)

 

–<記事引用>–

男性は80歳代、60歳代、50歳代、40歳代、30歳代が1人ずつ。女性は40歳代、20歳代が1人ずつだった。氏名は遺族の了解が取れていないとして公表していない。

また、政府専用機を3日夕、現地に派遣することも明らかにした。死傷者8人の家族が搭乗する予定だ。

–<ここまで>–

 

日本政府は被害者の氏名を公表しないとしており、これに対してTwitterなどではそれに賛同する声が多く見受けられます。(ガジェット通信)

 

–<記事引用>–

バングラデシュ・ダッカで起きたテロ事件で、邦人7名の死亡が確認された。この痛ましい事件に対し、菅義偉官房長官は「邦人7名の死亡が確認されたが、ご家族の了解を得ていないので氏名公表は差し控えたい」と述べた。

 

これについてネット上では、菅長官の対応を賞賛するとともに、マスコミへの怒りの声が渦巻いている。

 

『Twitter』などでは、

 

「この対応は正しい。突然事件に巻き込まれた人の氏名を知りたいと思わない。家族が可哀想だ」
「日揮の事件の時もそうだったが、マスゴミはこういう時に平気で死者のプライバシーを暴露するよな。人でなしだ」
「日揮事件の時は『マスコミの使命として死者のことを伝えるのは当たり前だ』と開き直った記者も居るよな」
「御嶽山噴火事故の時は『亡くなった人に親近感を』と主張して平気で死者を踏みにじる報道を繰り返したことを忘れないぞ。お前らの飯の種、騒いでつまらない新聞・雑誌を売りたいだけだろう、ゲスな奴らだ」
「マスゴミはカネと名声目当てに死者を平気で使う連中だ」
「これでいよいよ集団的自衛権が正しいことが分かったのにマスゴミと野党ときたら、政局にして自分の利益にすることしか考えていないな」

 

と、菅長官への賛同の声と、既存マスコミへの怨嗟の声が次々に上がっている。

–<ここまで>–

 

しかし、時事通信が以下の記事で被害者の氏名を公表しており、過去の過ちを繰り返しています。

(当記事では以下の引用は控えさせていただきます)

 

『日本人犠牲者7人氏名判明=ダッカ襲撃テロ事件』・時事通信

http://www.jiji.com/jc/article?k=2016070300124&g=soc

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

関連記事はこちら

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

ggg1_0
影山一樹
Twitter