【Appstore値上げ】スマホゲームの対応は?

この記事は1分で読めます

2015年4月3日に円安の影響を受け、国内のAppstoreでアプリの値上げが行われました。

 

無料アプリは無料のままですが、有料アプリは20%~の値上げがされています。

 

スマホゲームについてはアプリ内課金の金額が変動していますが、ゲームによって対応が異なっています。

 

※ゲームによっては通知なしで価格変更がされているのでご注意ください。

 

◆アイテム単価の値上げ

・パズドラ

・チェンクロ

・リトルノア

・白猫プロジェクト

・黒ウィズ

・ぷよクエ

・ファンキル

etc.

 

これらのゲームはアイテム単価が15%~20%程度値上がりしています。

 

◆アイテム単価の値下げ

・モンスト

・メルスト

 

下げ幅は1%未満ですが、アイテムの単価は下がっています。

 

企業側からの視点だと、値上げしたほうが短期的な利益は見込めるかもしれませんが、ユーザの課金離れに繋がる可能性もありますね。

 

今後、どう影響してくるでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

関連記事はこちら

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

ggg1_0
影山一樹
Twitter