【Twitter】仕様変更で140字制限が緩和

この記事は2分で読めます

2016年5月24日、Twitter社が公式ブログにて「ツイートする際の140文字の文字数制限に関する仕様を一部変更する」ことを明言しました。(Twitter開発者ブログ)

 

1.返信ツイート(リプライ機能)

自分または他のユーザのツイートに返信する際に、自動的にツイート冒頭につけられている『@ユーザー名』が文字数としてカウントされなくなります。

 

返信ツイート内の@ユーザー名は見えなくなりますが、返信ツイートのタイムライン上での公開範囲は従来どおりとなり、基本的にはもとのツイートの送信者と返信者、および双方をフォローしている人のタイムラインにのみ表示されます。

 

また、返信ボタンによる返信ツイートをする場合には、今後自動でツイート冒頭につけられていた『@ユーザー名』は自動でつけられなくなります。

 

つまり、返信ツイートの挙動は従来どおりで、今までの『@ユーザー名』の文字数分だけ多く入力できるようになるということになります。

 

2.添付ツイート(画像・GIF動画などの添付機能)

写真、GIF画像、動画、投票、引用ツイートをする場合、現在では24文字分のカウントされていますが、今後、140文字に含まれなくなります。

 

しかし、上記以外のURLについては従来どおり、文字数としてカウントされます。

 

3.自分のツイートをリツイート・引用ツイート可能に

自分自身のツイートもリツイート・引用ツイートできるようにボタンが有効化されます。

また、この方法でリツイート・引用ツイートした際の文字数カウントは上記と同様、140文字に含まれません。

 

4.『. @ユーザー名』ツイートについて

これまでは『@ユーザー名』で返信する場合、もとのツイートの送信者と返信者、および双方をフォローしている人のタイムラインにしか表示されませんでした。

 

そのため、自分のフォロワー全員のタイムラインに表示させたい場合、@ユーザー名の前に『.』を入れることでそれを実現することができました。

 

『1.返信ツイート(リプライ機能)』の仕様変更に伴い、今後は@ユーザー名で始まるツイートも、普通のツイートと同じように自分のフォロワーに表示されるようになり、今までの『.@ユーザー名』と同じ挙動になります。

 

なお、返信ボタンによる返信を行う場合は、自動的に『@ユーザー名』がつくことはないため、意図せずに自分のフォロワー全員に公開されることはありません。
この仕様変更は、上記の『.@ユーザ名』のルールが分かりにくかったためです。

よって、今後は手動で『@ユーザ名』を本文に入力する(または相手のプロフィールページから@ツイートする)ことにより、そのユーザーへの返信ツイートを自分のフォロワー全員にも公開できます。

 

また、この場合のみ、@ユーザー名が文字数カウントに含まれます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

関連記事はこちら

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

ggg1_0
影山一樹
Twitter