【古物営業法】転売行為って違法なの?

この記事は1分で読めます

買い占め騒動などでよく話題に上がる『転売屋』ですが、彼らの行っている「転売行為」は違法なのか、というご質問をよく耳にします。

 

結論から申し上げますと「『古物商』の資格を有していない人物による転売目的での転売行為は違法です。

 

『古物商』とは、古物営業法に規定される古物(中古品および転売を目的とした新品)を、業として売買または交換する業者・個人のことです。

(Wikipediaから抜粋)

 

製造元から販売店などに直接委託された商品は「古物」ではありませんが、販売店などを介した時点で「古物」とみなされます。

 

リサイクルショップや質屋などは古物商の許可を得ているため合法ですが、amazonやyahooオークションなどでよく見られる転売行為は古物営業法違反で違法となります。

 

また、古物商の許可を得た場合は『古物許可証』が発行されるため、これを所持していない業者は違法業者であると判断できます。

 

kobutsu2

 

でも、現実は被害額が少ないせいかあまり取り締まられていません。

 

消費者側もできるだけ違法業者からは購入しないように気を付けることも必要ですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

関連記事はこちら

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

ggg1_0
影山一樹
Twitter