【支離滅裂!?】『サヨク的思考』とは?

この記事は2分で読めます

民主党や共産党、電通をはじめとする反日勢力の『サヨク』と呼ばれる人たちですが、彼らの物事の考え方は日本人のそれとは大きく異なっています。

 

1.『サヨク』の特徴

まずはじめに言っておかねばならないことは「サヨクとの議論は時間と労力の無駄」であることです。

 

彼らの思考や価値観は日本人とは根本的に異なっており、「同じ人間ではない」ということを念頭に置く必要があります。

 

と言いますのも、『サヨク』の人たちの発言や行動は

 

①事実かどうかが重要なのではなく勝ち負けで考える

②相手との対話を望まず、自分の意見を否定する相手には誹謗中傷やレッテル張りをする

③「上の人間の言うことは絶対で下の人間はそれに従うのみ」という考えであるため、自分で思考しない

④下手に出てきた相手に対して、「自分よりも立場の弱い人間」であると判断し付け入る

⑤推量や願望で物事を語るため、根拠が薄い(もしくはまったくない)

⑥自分たちに都合の悪い事実は無視

⑦二重価値基準(ダブルスタンダード)が多い(※)

 

などの特徴があります。

中には日本人の国民性に付け入るものもあるため、ご注意ください。

 

※『ダブルスタンダード』とは、物事を特定の側にのみ当てはめ、別の側には当てはめない著しく一貫性の欠如した論法です。

いわゆる『ブーメラン発言』、『お前が言うな』ですね。

 

例としては、「韓国人が犯罪を行った時には『韓国人みながそうではない』と言うが、日本人が犯罪を行った時は『日本の国民性の問題』であると主張する」などです。

 

2.『サヨク』の目的

なんのために、彼らがそのような言動を繰り返すのかというと、「自分は意識が高い人間である」、「特別視されたい」という願望が強いからに他なりません。

 

そのため、支離滅裂な言動を繰り返し、場合によっては捏造なども躊躇しません。

 

「○○は韓国発祥」というのもまさにそれです。

 

3.『サヨク』との付き合い方

彼らは「自分が非難されること」に敏感であり、非難された瞬間に思考が停止し、相手を拒絶するようになります。

 

こういう人たちとはかかわらないのが一番ですが、うまく情報を引き出したい場合は「相手に同調しつつ持ち上げる」などすればそう難しくはないでしょう。

ただ、場合によっては訴訟や傷害沙汰に発展する危険性もあるため、あまり推奨はできません。

 

逆に、正面から相手取っても話題を変えてきたり人格攻撃をされる危険性があるため、よほど時間と労力がない限りはスルーするのがいいでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

関連記事はこちら

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

ggg1_0
影山一樹
Twitter