【知られていない?】ジェネリック医薬品の問題点

この記事は1分で読めます

「ジェネリック医薬品は効果は変わらず安価なので得」という文句を聞いたことがある方も多いでしょう。

 

ですが、ジェネリック医薬品(後発医薬品)は日本ではあまり普及しておらず医師からも敬遠されがちです。

なぜでしょう?

 

1.ジェネリック医薬品とは?

『ジェネリック医薬品』とは「特許の切れた先発医薬品と同じ主成分の医薬品」のことを指し、製造会社・製造方法・主原料の生産地などは異なります。

 

医薬品の特許は膨大な費用と時間がかかるため、製造会社はコスト回収のために価格を高めに設定しなければなりません。

 

それに対し後発医薬品は特許が不要なため安価で販売できます。

 

2.先発医薬品と効果は同じ?

結論から申し上げると「ウソ」です。

 

先のとおり、後発医薬品は「主成分が同じ」であるだけなので、患者によって効果が異なるという報告が相次いでいます。

 

この場合、「不適切な薬剤を処方した」として医療機関の報酬点数が減点されてしまいます。

 

医師が後発医薬品を敬遠する理由がまさにそれです。

 

3.製造会社によって安全性が異なる

安全性を重視して製造を行っている善良な企業ももちろん存在しますが、中にはコストパフォーマンスのみを重視して安全性を軽視する企業も少なからず存在します。

 

悪質なものだと主原料の原産地が中国・韓国であるため、どういう副作用がでるかわかりません。

 

「事前に製造会社を調べて安全な企業のものを購入すればいい」と思うかもしれませんが、そもそも「患者は後発医薬品の製造会社を選べない」ため意味がありません。

 

色々問題が山積みですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

関連記事はこちら

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

ggg1_0
影山一樹
Twitter