【だるおも】夏バテ予防と対策

この記事は2分で読めます

夏に突入し日々の暑さが継続していますが、「なんとなくだるい」「食欲がない」などのいわゆる『夏バテ』の症状が出てきます。

 

夏を乗り切るための予防策や対策を紹介します。

 

1.夏バテの原因

近年の日本の夏は「高温・多湿」であるため、人間の体は一定の体温を維持しようとして相当なエネルギーを消費します。

 

これが長期にわたると胃や腸が負荷に耐えられなくなり、脱水症状や下痢、熱などの症状が出てきます。

 

また、熱い屋外から冷房の効いた屋内に入った場合など急激な気温の変化に体が対応できず、体が熱を放出する必要がないのにもかかわらず熱を放出し続けてしまい自律神経に負荷がかかってしまいます。

 

自律神経に負荷がかかり続けるとめまいや頭痛、食欲不振などの症状がでてきます。

 

2.食事による対策

夏バテにはビタミンやクエン酸を摂るのが効果的です。

 

食材は、レモン、パイナップル、キウイ、豚肉、豆類、うなぎ、玄米、いわし、ニンニク、玉ねぎ、卵、ネギなどがいいでしょう。

 

メニューは、豚にら玉炒め、冷やし中華、豚しゃぶ、玉ねぎやわかめなどのサラダ、などがおすすめです。

 

基本的には一日三食バランスよく食事を摂るようにしましょう。

食欲がない場合はトマトジュースやフルーツ酢、サプリメントを活用してもいいでしょう。

 

3.快適な睡眠を摂るためには

暑い日が続くと寝つきも悪くなりがちです。

 

睡眠前に室内を冷やしておく(28℃前後)と快適に眠れるでしょう。

 

ただし、冷房の風を直接体に当てるとかえって疲労が溜まってしまうので注意が必要です。

また睡眠前の入浴や軽い運動、部屋の除湿も効果的です。

4.水分の補給について

夏場は一日2、3リットルは汗をかきます。

 

よってこまめな水分補給が必要になりますが、冷たい水ばかり飲んでしまうと体に吸収されにくく、胃の冷えから消化能力が低下してしまいます。

 

温かいお茶やハーブティーなどを少しずつ飲むのがもっとも効率的です。

 

冷たい飲み物を摂取する場合は少し口に含んでゆっくり飲むようにしましょう。

 

また、ジュースやアルコールはのどが渇きやすいためあまり推奨できません。

 

5.体温の調整

室内での作業をする場合、冷房よりも除湿を優先し設定温度は若干高め(28℃前後)にしましょう。

 

冷房や扇風機の風も就寝前同様、体に当てないようにするのが効率的です。

 

公共機関などでは機器による調整ができないため、上着も活用してください。

 

 

夏を快適に過ごせれば仕事や勉強、私生活などもよりよいものになるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

関連記事はこちら

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

ggg1_0
影山一樹
Twitter