【特産品】静内産ミニトマト『太陽の瞳』が出荷

この記事は1分で読めます

2016年6月上旬から北海道新ひだか町特産のミニトマト『太陽の瞳』の出荷が始まりました。ことしも甘いトマトができたということです。(道内ニュース)

 

–<記事引用>–

つやつやして、真っ赤に実ったトマト。「太陽の瞳」と名付けられた新ひだか町の特産品です。新ひだか町では41戸の農家がこのミニトマトを生産していて、 ビニールハウスの中で実ったトマトの中からほどよく赤く色づいたものを手で傷つかないようにもぎ取って収穫します。ことしは春先から日照時間が長かったた め、例年より育ちが早く甘いトマトが出来ているということです。「太陽の瞳」は10月まで収穫され、道外にも出荷されます。

–<ここまで>–

 

この『太陽の瞳』は昭和58年頃から栽培が本格的に始まり、品質の良さと長期的かつ安定的な出荷量を維持していることから新ひだか町の主力農産物とされています。

 

トマトに含まれる赤い色素『リコピン』にはガンや高血圧などの生活習慣病予防に効果があります。また、美肌効果のあるビタミンCも多く含まれています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

関連記事はこちら

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

ggg1_0
影山一樹
Twitter