【熱中症対策】誤解も多いエアコンの節電 実はつけっぱなしで大丈夫!

この記事は2分で読めます

真夏に向けて気温が上がる中、エアコンの使用頻度が増えていくと思われます。

 

それゆえにエアコンによる電気代が気になるところですが、その節電対策をあげていきます。

 

1.冷房はつけっぱなしでOK!

エアコンの消費電力は「電源を入れた直後」がもっとも多く、電源のオンオフを繰り返すとつけっぱなしにしているときよりも消費電力が多くなってしまいます。

 

したがって、少しの時間の外出時などはエアコンをつけっぱなしにしておくといいでしょう。

 

また、就寝時に「エアコンをつけっぱなしにするとだるくなってしまう」というのも過去の話で、現在は『おやすみ運転モード』などにすることで直接体に風が当たることはなく、設定温度が室内で保たれている場合は稼働しません。

 

これにより、エアコンをつけずに就寝した場合に「暑さで寝付けない」、「途中で目が覚める」といったことが防げるため、快適な睡眠が摂れます。

 

2.エアコンの温度設定を下げすぎない

冷房の温度設定は『28℃』が推奨されており、設定温度を1℃上げるだけで10%の節電になります。

 

また、風量を自動設定にすることで、室内の温度が設定温度に達した場合にその温度を維持するようにエアコンが稼働し、消費電力が抑えられます。

 

3.冷房の風向きを水平に

冷たい空気は下に溜まりやすくなっており、風向ルーバーを下向きにしていると室内の上方の空気が暖かいままになるため、エアコンが『設定温度に達していない』と判断してしまい余計な電力を消費してしまいます。

 

よって、この温度のむらを解消する為に、風向ルーバーを上向きもしくは水平方向に調整して、冷たい空気が上から下に循環するようにしましょう。
それに加えて扇風機を併用するのも有効です。

冷たい空気がたまっているところに向けて、扇風機をあてると、冷たい空気を拡散させることができます。

空気清浄機をお持ちの場合は、風量を強くして拡散させることも有効です。

 

4.フィルターの掃除はこまめに

フィルターにごみや埃が溜まっていると冷房効果が弱まり、電気代が最大で25%無駄になってしまいます。

 

フィルターを掃除する頻度としては2~4週間に1回程度で、水洗いか掃除機での吸い取りが推奨されています。

 

汚れが酷い場合は中性洗剤をとかしたぬるま湯で洗い、その後、日陰でよく乾かしましょう。

 

5.室外ユニットの近くに物を置かない

室外機は屋内の熱を外に放出するため、消費電力が多くなります。

 

室外機の周囲に雑草や蔦などを含む障害物があったり、日光が直接当たっているとより多くの電力を消費してしまいます。

 

そのため、時々障害物の確認をしたり、なるべく室外機が日陰に入るように工夫するといいでしょう。

 

最後に

近年のエアコンは消費電力の無駄を省くことにも力を入れており、上記の「エアコンをつけたまま寝るとだるくなる」などの過去の常識を覆しています。

 

これらの節電対策を行うことでエアコンの月々の電気代はだいぶ安くなるため、熱中症の対策としてできるだけつけておくようにしましょう。

 

エアコンをつけなかったがために熱中症になり、病院に搬送となってしまうと電気代よりも高くついてしまいます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

関連記事はこちら

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

ggg1_0
影山一樹
Twitter