【北朝鮮】日本海の排他的経済水域に弾道ミサイルを発射 『ノドン』と推定

この記事は2分で読めます

2016年8月3日午前7時53分ごろ、防衛省によると、北朝鮮西岸から弾道ミサイル1発が発射され、およそ1000キロ飛んで、午前8時5分ごろ秋田県の男鹿半島の西、およそ250キロの日本の排他的経済水域の中に落下したとみられるとのことです。

 

『弾道ミサイル 日本海の排他的経済水域に落下』・NHK NEWS WEB

 

–<記事引用>–

船舶や航空機への被害の情報は確認されていないということです。北朝鮮の弾道ミサイルが日本海の日本の排他的経済水域内に落下するのは初めてということです。発射されたのは中距離弾道ミサイルのノドンとみられるということで、防衛省は引き続き情報収集を進めるとともに北朝鮮側の目的について分析を進めています。

–<ここまで>–

 

『日本EEZ内に落下=北朝鮮が弾道ミサイル発射-秋田県沖、「ノドン」か』・時事通信

 

–<記事引用>–

【ソウル時事】韓国軍合同参謀本部によると、北朝鮮は3日午前7時50分(日本時間同)ごろ、西部の黄海南道・殷栗付近から日本海に向け、弾道ミサイル1発を発射した。ミサイルは秋田県沖の日本の排他的経済水域(EEZ)内に落下した。日本海のEEZ内への着水は初めて。

安倍晋三首相は「許し難い暴挙だ」と非難。日本政府は国連安保理決議違反として、北京の大使館ルートを通じ、北朝鮮に抗議した。

中谷元防衛相は発射されたミサイルについて、中距離弾道ミサイル「ノドン」(射程1300キロ)とみられ、約1000キロ飛んで、秋田県の男鹿半島沖約250キロのEEZ内に着水したと明らかにした。これまでに船舶や航空機への被害は確認されていない。

一方、米戦略軍は、北朝鮮が発射したミサイルは2発で、1発目は発射直後に爆発し、2発目は日本海に落下したとの見方を示した。

第3次安倍再改造内閣が発足する日に合わせたミサイル発射には、安倍政権をけん制する狙いがあるとみられる。また、今月は米韓両軍の合同軍事演習も予定されており、北朝鮮のさらなる挑発行為に備え、日米韓は警戒を強化する。

韓国メディアによると、北朝鮮が周辺海域に航行禁止水域を設定しているとの情報もあり、新たなミサイル発射の可能性もある。

北朝鮮は在韓米軍への地上配備型迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD)」配備決定に反発し、7月19日にも弾道ミサイル3発を日本海に向け発射。ノドンや短距離の「スカッド」(射程300~500キロ)だったと推定されている。

–<ここまで>–

また、首相官邸からも弾道ミサイル発射に関して早急な対応を実施するよう指示が出ています。

『北朝鮮弾道ミサイル発射に関する総理指示(8:01)』・首相官邸

 

–<記事引用>–

北朝鮮弾道ミサイル発射に関する総理指示(8:01)

 

  1. 情報収集・分析に全力を挙げ、国民に対して、迅速・的確な情報提供を行うこと
  2. 航空機、船舶等の安全確認を徹底すること
  3. 不測の事態に備え、万全の態勢をとること

–<ここまで>–

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

関連記事はこちら

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

ggg1_0
影山一樹
Twitter