【英断】ドイツ・フライブルク市への慰安婦像設置を断念 愛媛県松山市が「像が設置されれば交流に支障が出る」と懸念を表明、フライブルク市側が理解を示す

この記事は1分で読めます

2016年9月21日、韓国・水原市が推し進めていた、ドイツ南西部にある姉妹都市のフライブルク市での慰安婦像設置が、独側の拒否で実現不可能となりました。

 

水原市は報道資料で、「フライブルク市から『日本側の反対で平和の少女像(慰安婦像)の設置が難しくなった』という公式書簡を受け取った」と明らかにしました。

 

水原市の廉泰英市長は「フライブルク市に遺憾の意を示す公式見解を伝える」としました。

 

『独フライブルク市への慰安婦像設置断念 韓国水原市が発表 日本側が「圧力」と批判』・産経新聞

 

–<記事引用>–

水原市は欧州初の慰安婦像設置を目指し、今年5月、フライブルク市長に像の共同設置を提案。7月に設置するとの返事があり、国連世界人権宣言の記念日に当たる12月10日に市中心部に像を共同設置し、記念式典を行う予定だった。

 

しかし、フライブルク市の日本側の姉妹都市、愛媛県松山市が「像が設置されれば交流に支障が出る」と懸念を伝えていた。韓国メディアは、像設置撤回に日本側からフライブルク市への「圧力」があったと批判している。水原市は松山市に抗議書簡を送る計画だという。

 

フライブルク市当局者は21日、産経新聞に対して「関係者が合意できる解決」を模索していると明かし、「(設置で)日本側が傷つく気持ちを過小評価していた」と語った。

–<ここまで>–

 

この慰安婦像設置を推し進めていた『水原平和の蝶』のイ・ジュヒョン共同代表は「フライブルク市と27年間姉妹提携を結んできた愛媛県松山市が強く反対したことも影響を与えた」とも述べています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

関連記事はこちら

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

ggg1_0
影山一樹
Twitter