【要警戒!?】中国空軍が東シナ海上空で40機超の編隊で軍事訓練 日本自衛隊機がスクランブルにより対応

この記事は1分で読めます

2016年9月25日、中国人民解放軍空軍が東シナ海宮古海峡上空を通過して西大西洋での遠洋訓練を実施したことを中国人民解放軍空軍・申進科(シェン・ジンカー)報道官が発表しました。

 

また、その後Uターンして東シナ海に戻りました。

日本の航空自衛隊は戦闘機を緊急発進させましたが、領空侵犯はありませんでした。

 

『中国軍が東シナ海で実力誇示、軍用機40機超が宮古海峡を通過―米華字メディア』・Record China

 

–<記事引用>–

中国人民解放軍空軍の申進科(シェン・ジンカー)報道官は25日、40機超の編隊が宮古海峡上空を通過して西大西洋での遠洋訓練を実施したことを発表した。また同日、爆撃機などによる東シナ海防空識別圏定期パトロールも実施されたという。

 

日本自衛隊機はスクランブル(緊急発進)により対応。宮古海峡上空で中国の爆撃機、情報収集機、戦闘機の計8機を確認した。なお、中国軍戦闘機が同空域を通過するのは今回が初となる。(翻訳・編集/増田聡太郎)

–<ここまで>–

 

【参考】

『中国战机大规模远海训练 曾与美军机追逐』・多維新聞

http://global.dwnews.com/news/2016-09-25/59771347.html

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

関連記事はこちら

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

ggg1_0
影山一樹
Twitter