【米議会演説】安倍首相の演説が絶賛!

この記事は1分で読めます

2015年4月29日に行われた米上下両院合同会議での安倍首相の演説はアメリカ側から高い評価を受けました。

 

第二次世界大戦に対する反省や亡くなった方々への追悼、日米同盟への前向きな姿勢が特に好意的に受け取られています。

 

アメリカの調査機関ピュー・リサーチ・センターの調査では、アメリカ国民の6割以上が「日本は謝罪する必要はない」、「日本は十分に謝罪した」と回答していました。

 

安倍首相の演説全文(産経ニュース)

 

一方、これを非難しているのは反日で有名なマイク・ホンダ議員、中韓政府、日本国内の反日勢力(反日メディア、反日政党)のみです。

 

彼らの主張は「英語が下手」、「慰安婦問題に触れていない」というものですが、解決済みの慰安婦問題やそもそも内容に触れていないことなど、単なる言いがかりにほかなりませんね。

 

日本人として、今回の結果は誇りに持てるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

関連記事はこちら

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

ggg1_0
影山一樹
Twitter