【AIIB崩壊】フィリピンなどの7か国が署名見送り

この記事は1分で読めます

2015年6月29日、アジアインフラ投資銀行(AIIB)の設立協定署名式にて創設メンバー57か国のうち、フィリピンなどの7か国が署名を見送りました。

 

署名を見送った7か国はフィリピン、タイ、デンマーク、ポーランド、南アフリカ、マレーシア、クウェートになります。

 

フィリピンは中国との南シナ海の領有権争いが激化したため署名見送りにつながったと見られており、フィリピン当局は「最終的にAIIBに加入するかどうかは今後も検討を続ける」と回答しています。

 

中国財務省は「手続きが終わっていない一部の国は、年末までに署名する」と説明していますが、始まる前から崩壊の兆しがありますね。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

関連記事はこちら

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

ggg1_0
影山一樹
Twitter