【韓国】MERSによる隔離患者が再度陽性に

この記事は1分で読めます

2015年10月12日、韓国保健福祉省は韓国で感染が広がった中東呼吸器症候群(MERS)の最後まで陽性反応を示していた男性患者(35)が、陰性になって退院したのち、再度陽性となったことを公表しました。

 

男性患者と接触した医療関係者や家族など計61名が自宅隔離されています。

 

MERSは2015年5月末から感染が拡大し、韓国政府は7月に終息宣言を出していました。

 

韓国国内で感染が広まっていたにもかかわらず、わずか2か月足らずで終息宣言が出されていたことに対して、韓国国外では疑問の声が上がっていましたが、案の定終息はしていなかったということになります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

関連記事はこちら

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

ggg1_0
影山一樹
Twitter