【タイ】ダウェイ開発で日本政府が600万バーツを出資

この記事は1分で読めます

2015年12月14日、タイ・バンコクで開催されたタイ・ミャンマー合同ハイレベル委員会(JHC)にて、ダウェイ開発の統括会社に日本政府も出資することが決定しました。

 

ダウェイSEZデベロップメント(タイ・ミャンマーの合同設立会社)に日本政府が600万バーツ出資することを決定し、合意書にサインしました。

 

これにより、資本金総額は1800万バーツとなります。

 

同委員会の次回開催は2016年2月予定となっており、タイのソムキット副首相は、日本政府の参加によりこれまで計画していたプランを大幅に上回るものができるとして、日本側に期待を寄せています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

関連記事はこちら

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

ggg1_0
影山一樹
Twitter